windows7のupdateの手動設定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

新しいパソコンを買ったときやOSをインストールしたときに結構忘れがちなのが

windowsのupdate設定。初期設定では「更新プログラムを自動的にインストールする」に設定されているために、

何か作業をしている最中にこんな画面が出てきます。

642f162d

はっきりいってかなりうっとうしいです。しかも「後で再起動」にしても結局はまた同じ画面が表示されるので再起動するしかありません。

アプリも起動してないしって時は良いですけど、例えば映画なんか見てる最終に出てきたら最悪ですね。

この最悪な状況にならないためにも、updateの設定変更をしましょう。

・設定方法


1.windowsのスタートボタンをクリック

suta-to

2.すべてのプログラムを表示をクリックし

windows updateをクリック

aaaa

3.windows update画面内にある「設定の変更」をクリック

update1

4.設定の変更画面内にある「重要なプログラム(I)」で

「更新プログラムを自動的にインストールする(推奨)」が選択されて

いるのでこれを変更します。

自動的にインストールされないようになれば良いのでどれを選択されるかは

好みですが、「更新プログラムを確認しない(推奨されません)」を選択

するのはさすがにセキュリティ的にまずいので止めましょう。

個人的には「更新プログラムをダウンロードするが、インストールを

行うかは選択する」が良いかなと思います。どちらにせよ更新プログラムは

よほどの事がない限りインストールすることになるので、更新プログラム

のダウンロードは自動でしてくれた方がありがたいですよね。

そして最後にOKをクリックして終わりです。

update2

これで自分がupdateしたい、再起動してもいいタイミングで行えるようになります。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です