windows10とwindows7のWindows Defenderの設定(無効)方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

windows10にインストールされている「windows Defender」を使ってみました。

まずこのWindows Defenderという物はざっくり説明すると、ウイルスやスパイウェアから守るためのシステムです。

これはwindows8から標準でインストールされるようになりました。

windows7以前ではどうかというと、Windows Defenderという名前ではなくて

「Microsoft Security Essentials」という名前で扱われており、これは標準で

インストールされていないため、手動でインストールする必要がありました。

名前は違いますが、中身についてはほぼ一緒になっています。

見た目が少しだけ違うかなという程度です。

実際にwindows7の「Microsoft Security Essentials」とwindows10の「Windows Defender」の起動している画面を

比較してみました。

こちらがwindows10の「Windows Defender」

windowsdefender1

こちらがwindows7の「Microsoft Security Essentials」

windowsdefender2

画像からわかるとおりほぼ一緒です。

使い方についてもwidnwos7のMicrosoft Security Essentialsと変わりませんので今まで使っていた方はそのまま使っていただけるかと思います。

始めての方もいるかと思うので次のページにて一通り説明します。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です