windows10とwindows7のWindows Defenderの設定(無効)方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まずどこから起動するかわからない方もいるのでアプリがある場所も含めて説明していきます。

windows10の設定

1.「スタート」から「すべてのアプリ」をクリックします

windowsdefender4

2.「設定」をクリック

windowsdefender5

3.「設定」画面で「システム」を選択

windowsdefender6

4.「システム」画面で右枠の画面を下へスクロールしていき、「Windows Defenderの使用」をクリック

windowsdefender7

5.「Windows Defender」の画面が表示されます。

この画面にて、ウイルス、スパイウェアが入っていないかどうかのスキャンができます。

スキャンのオプションとしてクイック、フル、カスタムが選択できます。

クイック・・・主にCドライブに入っているデータ、システムに重要なファイルのみをスキャンします。

基本的にこのクイックスキャンを定期的に実行して、ウイルス、スパイウェアが入っていないか確認してもらえれば十分です。

フル・・・すべてのドライブのデータをスキャンします。クイックとは違いすべてのデータをスキャンするのでクイックスキャンよりも

時間はかかってしまいますが、ウイルスやスパイウェアに感染してる疑いがある場合はこちらを選択して隅々までスキャンするのが良いでしょう。

カスタム・・・これはフォルダ単位でスキャンできるので、例えば外付けUSBや外付けHDD等を接続した場合に指定したデータだけ

素早く確認したい場合に使用すると良いかと思います。

windowsdefender8

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です