windows10のアップグレードのパッケージまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

1.必要スペック

メモリ: 32bit版は1GB(ギガバイト)     64bit版は2GB

ハードディスクの空き容量: 32bit版は16GB    64bit版は20GB

グラフィックカード: DirectX9以上

ディスプレイ(画面解像度):800×600

※下記の操作は「windows7」にて行った場合です。windows8だと多少操作が変わるので注意してくてください。

自分が使っているパソコンのメモリを確認する方法は、「スタート」→「コンピュータ」を右クリックし「プロパティ」を選択します。

「システム」画面が表示されるので、実装メモリ(RAM)を確認してください。

edition

次にグラフィックカードの確認方法ですが、「スタート」→「プログラムとファイルの検索」の入力枠で「dxdiag」と入力します。

そうすると「DirectX診断ツール」画面が表示されるのでそこの画面で「DirectXバージョン」を確認してください。

edition2

次にディスプレイ(画面解像度)の確認方法ですが、デスクトップのアイコンがないところで、マウス右クリックし「画面の解像度」をクリック。

次の画面で「解像度」という項目があるので、800×600の解像度より高いものが選択できるならスペックは満たしていると考えて良いでしょう。

edition3

2.エディション別のアップグレード一覧

アップデート前のエディションとアップグレード後のエディションです。

windows7 Starter     → windows10 Home

windows7 Home Premium  → windows10 Home

windows7 Professional   → windows10 Pro

windows7 Ultimate            → windows10 Pro

windows Phome 8.1          → windows10 Mobile

windows 8.1                     → windows10 Home

windows 8.1 Pro               → windows10 Pro

となっています。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です