windows10のMicrosoftEdgeの使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

Windows10から搭載された新しいブラウザ「MicrosoftEdge」が気になったので使い方をまとめてみました。

edgeの起動方法

スタートボタンをクリックし、赤枠の「MicrosoftEdge」をクリックします。

edge

下の画像は実際に起動した画面です

edge3

表示されている記事のジャンルについては、カスタマイズが可能になっていて、言語設定、お気に入りのトピックを選択する事でページの上位に表示させる事ができます。

トピックは「エンタメ」「スポーツ」「ニュース」「マネー」「ライフスタイル」「自動車」の6つに分かれています。

お気に入り選択するとそのトピックの枠が青枠に変化します。

この画面では「スポーツ」を選択した状態になっています。

青枠で囲まれているのがわかりますよね。

edge4

・お気に入りのインポート方法

最初に①をクリックし、次に②の「お気に入りのインポート」を

クリックします。

edge5

お気に入りのインポート画面が表示されるので、インポートしたい対象のブラウザを選択し、チェックされた状態にします。

そして「インポート」をクリックします。

ちなみに複数のブラウザにチェックする事もできますので

ブラウザによってお気に入りを分けていた方とかはそのブラウザをすべてチェックしてあげるとすべてのお気に入りがインポートされるようになっています。

※Firefoxにお気に入りに関しては保存形式が違うためにインポートできないようです。

edge6

edgeの場所について

間違えてタイルからedgeを削除してしまった場合で

どこからedgeを起動したらよいかわからない場合の対処法ですが

1.スタートをクリックし、「M」の項目を探してください。

「M」の項目に「Microsoft Edge」があるのがわかります。

edge1

edgeをタイルに追加するには

edgeをタイルに追加するには、

先ほどご紹介したedgeの場所まで行き、

「Microsoft Edge」を右クリックします。

そうすると下記の画像のようにメニューが表示されます。

ここで「スタート画面にピン留めする」をクリックしましょう。

edge2

これでタイルに追加されているのがわかります。

edge3

edgeのショートカットをデスクトップに作成するには

先ほどのご説明したスタート画面からMicrosoft Edge」のところまで

行きます。

次に、Microsoft Edgeを左クリックを押したままデスクトップ画面まで

ドラッグし、ドロップしましょう。

edge4

これでショートカットの作成完了です。

 

 

スクリーンショット-2017-02-01-5.15.34-1

keishiのプロフィール
早稲田大学社会科学部卒業/27歳
就職もせずにぷらぷらしていた25歳の時にWebを活用したビジネスの可能性に気づき、特にパソコンが得意だった訳ではないが0からサイト作りやアフィリエイトを学ぶ。
参入後1年で月収200万円2年目に月収1700万円を達成し自由な生活を送っている。現在は法人企業向けの経営指導やマーケティングコンサルにも力を入れている。
>>>詳しいプロフィールを漫画で読む<<<

 

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です