windows10とwindows7の拡張子の表示と隠しファイルの表示方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

windowsの初期設定では無効にされている拡張子の表示と隠しファイルの表示方法についてまとめてみました。

・windows7の場合


1.まずはじめにどのフォルダでも良いので開きます。

secret1

2.フォルダを開いた状態で「Alt」キーを押します。

そうすると下記の画像のようにメニューバーが表示されますので、「ツール」→「フォルダオプション」

をクリックします。

secret2

3.「フォルダーオプション」画面にて「表示」タブを選択すると

「ファイルとフォルダーの表示」という項目があるので、

「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」にチェックをします。

そして、スクロールしていくと、「登録されている拡張子は表示しない」という項目があるので

このチェックを外します。これで設定は完了です。

secret3

secret4

・windows10の場合


1.windows10の場合もwindows7と同じように何でも良いのでフォルダを開きます。そして「表示」タブをクリック

secret5

2.赤枠で囲まれている「ファイル名拡張子」と「隠しファイル」にチェックを入れます。これで設定完了です。secret6

windows7に比べるとwindows10の場合は簡単に設定できるようになっているようです。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です