windows live mail のエクスポート方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

windows live mailのメールデータ、アドレス帳についてのエクスポート方法の

手順をまとめてみました。

・アドレス帳のエクスポート


1.windows live mailのアドレス帳を開きます。

アドレス帳画面にて右上の「エクスポート」をクリックし、カンマ区切りをクリックします。

export1

2.エクスポートするアドレス帳のデータ保存先を指定します。

デスクトップ等だとインポートする際にわかりやすいかと思います。

そして任意のファイル名を付け、保存をクリック。(画像内ではtestと言う名前にしてあります)
export2

3.次にアドレス帳のエクスポートする項目をチェックします。

このフィールドというのは、アドレス帳を登録した際に入力した項目になっていて、チェックを入れないとエクスポートされません。なのでどのフィールドが

必要か分からないという方はすべてのフィールドにチェックを入れると良いと思います。

export3

4.上記の画面にて完了をクリックすると、下記のようにファイルが作成されます。これでアドレス帳のエクスポートは終わりです。export4

・メールデータのエクスポート


1.画面左上の赤枠をクリックします。
mail


2.「電子メールのエクスポート」→「電子メールメッセージ」をクリックします。
mail2

3.プログラムの選択画面にてMicrosoft Windows live メールを選択。mail3

4.メールデータの保存先を選択します。これもメールアドレスと同様にわかりやすいところに保存しておくと良いでしょう。mail4

5.エクスポートするメールフォルダーの選択します。

基本的には「すべてのフォルダー」を選択しておけばすべてのメールデータが

エクスポートできますので問題ありません。

ですがすべてのメールデータが多すぎるから一部だけという方は

「選択されたフォルダー」を選択し、エクスポートしたいフォルダーを選択しましょう。そして次へをクリック。
mail5

6.下記のようにエクスポートされました。と表示されるので完了をクリック。

これでメールのエクスポートは完了です。mail6

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です