windows10のスクリーンショット保存方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

windows10で表示されている画面を残しておきたい時ってありますよね。

例えば、インターネットで何か買い物したときなんかは

予約番号とか表示されたり、何か必要な情報が表示されます。

そんなときにいちいち紙に手書きで書いてたらかなり面倒ですよね。

まして文字ではなくてなにか絵であったり簡単に書けないようなものだったら

なおさらですね。

そんなときに便利なスクリーンショットの撮り方、保存方法を紹介します。

・スクリーンショットの撮り方

撮り方は歴代のwindowsと同じですが、一応説明します。

キーボードの右上あたりにある「Print Screen」キーを押すだけです。

キーボードによっては表示が違いますので注意してください。

例えば、ノートパソコンのキーボードは「Prt Sc」なんていう表記になってたりもしますので

必ずしもPrint Screenと書かれていません。

そしてこのキーを押したらすでにスクリーンショットは取れている状態になっていますが、

特にスクリーンショットが取れました!なんて表示があったり、効果音が出るわけでもないので撮れた感じがしませんが、それで大丈夫なんです。

本当に撮れているかどうかは次の保存方法でわかります。

・スクリーンショットを保存先を指定して保存する方法

次に保存方法の説明をします。

保存するためには、どこかにこの保存した画面を張り付ける必要があります。

これはwindows10に標準機能で備わっている「ペイント」というツールを使います。

ペイントなんて使ったことない!という方のためにペイントの起動の仕方も紹介します。

ペイント1

まず「スタート」アイコンをクリックして「すべてのアプリ」を選択。

「W」の項目にて「Windowsアクセサリ」というフォルダがあるのでクリックすると「ペイント」という項目があるのでクリック。これでペイントが起動します。

ペイント2

次にペイント画面のメニューにて「貼り付け」というのがあるのでそこをクリックします。

そうすると先ほど撮った画面が表示されているかと思います。

この時点でなにも貼り付けられていない場合は、スクリーンショットが撮れていないので

再度、撮り方の説明を見て取り直してください。

ペイント3

貼り付けできた方は、ペイントのメニューにある「ファイル」から「名前をつけて保存」を選択して保存先を指定し保存します。

範囲指定してスクリーンショットを撮る方法

先ほど紹介したスクリーンショットを撮る方法ですと

必要ない部分も余分に撮ってしまう事があります。

そうなったときに、毎回ペイント等のツールを使って必要な部分だけ切り取ったり

といった作業をするのはかなり面倒になります。

その手間を省くためにもこの範囲指定してスクリーンショットを撮る方法を使いましょう。

範囲指定するといってもほとんどの場合が、特定のアプリケーションのウインドだけを撮るといった事になります。

やり方としては、「PrintScreenキー」を押すときに同時に「Alt」キーも押すことです。

「Altキー」を押している状態で「PrintScreenキー」を押すというほうがわかりやすいかと思います。

たったこれだけで範囲指定してスクリーンショットを撮ることができます。

ただし、注意しなければいけないことがあります。

それは保存したいウインドつまりアプリケーションをアクティブな状態にしていないといけません。

アクティブな状態というのは、そのアプリケーションが最前面に表示されている状態を表しています。

例を挙げてご紹介します。

まずこのスクリーンショットは全画面になります。

つまり範囲指定してないものです。

スクリーンショット画面1

そして次に範囲指定で撮ってみます。

ここで注目していただきたいのはアクティブ画面は「ピクチャ」のほうになっている

ということです。「ピクチャ」フォルダと「ダウンロード」フォルダは先ほどのように

重なったままです。しかしこのピクチャをアクティブにしているつまり最前面で選択

している状態ですのでこの「ピクチャ」フォルダだけが表示されているように見えます。

スクリーンショット画面2

では「ダウンロード」フォルダをアクティブにして範囲指定のスクリーンショットを撮ってみます。

スクリーンショット画面3

そうすると先ほどと変わり、アクティブになっている「ダウンロード」フォルダのみが

範囲指定でスクリーンショットが撮れていることがわかります。

まとめ

いかがでしょうか。

実際私の感覚ですが、画面全体のスクリーンショットを撮る場面というのはほとんどなくて、

範囲指定したスクリーンショットを多用します。

ですので後半にご紹介したこの範囲指定のスクリーンショットの方法をぜひマスターしてみてください。

画像の加工等の余分な作業時間も減りますし、画面を保存するのが楽しくなりますよ!

 

 

スクリーンショット-2017-02-01-5.15.34-1

keishiのプロフィール
早稲田大学社会科学部卒業/27歳
就職もせずにぷらぷらしていた25歳の時にWebを活用したビジネスの可能性に気づき、特にパソコンが得意だった訳ではないが0からサイト作りやアフィリエイトを学ぶ。
参入後1年で月収200万円2年目に月収1700万円を達成し自由な生活を送っている。現在は法人企業向けの経営指導やマーケティングコンサルにも力を入れている。
>>>詳しいプロフィールを漫画で読む<<<

 

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です