windows10のwindows updateに関する設定まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

windows10のwindows updateの場所と設定について紹介します。

windows update を手動で行う方法

1.「スタート」ボタンから「設定」をクリック。

update

2.「設定」画面が表示にて、「更新とセキュリティ」をクリック。update2

3.画面左側に項目並んでいますのでそこから「Windows Update」をクリックすると右側の画面がWindows Update画面に切り替わります。

update1

「更新プログラムのチェック」をクリックすると現在パソコンにインストールされてい

ない最新の更新プログラムがあるかないかを確認できます。

ここで、updateされていなかったプログラム等はダウンロード、インストールされます。

updateの更新プログラム設定方法を変更するには

先ほどの手順3の画面にて、「更新プログラムの設定」という項目があるので

こちらから変更していきます。

update2

まず1つの目の項目にある「アクティブ時間の変更」について説明します。

アクティブ時間の変更方法

この「アクティブ時間の変更」は何かというと、

自分が1日の中でパソコンを使用している時間となります。

つまりここで「アクティブ時間」を下記のように

開始時刻8:00

終了時刻17:00

とした場合は、この時間内で自動的プログラムのアップデートが行われ

再起動が必要となった場合でも、再起動は後回しにできるということです。

何かを作業している最中に再起動を促されると結構うっとおしいですよね。

その時間をここで変更できるというわけです。

update3

再起動オプションの変更方法

次の設定項目として「再起動オプション」があります。

ここでは、先ほど指定した「アクティブ時間」の間でも

ある時間内は再起動してもOKという指定をできます。

update4

詳細オプション

ここでは、更新プログラムの詳細オプションとして

windowsOS関連の更新プログラム以外のもの

例えばoffice関係の更新プログラム等も一緒にインストールするかを決めることができます。

必要な場合はこちらにチェックを入れましょう。

update5

他には、「機能の更新を延期する」という項目がありますが、

こちらは、新規で追加されるようなwindowsの機能のプログラムを

延期するかどうかを決められます。

以前に行われた大型アップデートの「Windows 10 Anniversary Update

を例に挙げてみると、確かにいろいろな新しい機能が追加されるので良いものですが

この大型アップデートを行ったことによる不具合が多発したのも事実です。

このようなプログラムをすぐに入れると不具合が起こる可能性があるので

様子を見るために見送るといったことをしたい場合はこの「機能の更新を延期する」に

チェックを入れておきましょう。

windows updateが失敗してしまう場合の対処方法

windows updateが失敗してしまう原因としてパソコン環境によって様々ですが、

その中で一般的な解決方法をご紹介します。

※これでも解決できない可能性がありますのでご注意ください。

まず初めに、不必要なスタートアッププログラムを一時的に停止しましょう。

1.スタートの右側にある検索枠にて「msconfig」と入力すると

「システム構成」という検索結果が表示されますのでそちらを選択します。

update6

2.「システム構成」という画面が表示されますので、

ここで「スタートアップ」というタブをクリックします。

update7

3.次に「タスクマネージャーを開く」をクリックします。

update8

4.ここで状態が「有効」になっているものを選択し、画面下にある「無効にする」

をクリックしましょう。有効になっているものすべてを一時的に無効にしていきます。

update9

5.次に「システム構成」画面に戻り、「サービス」タグをクリックします。

update10

6.ここでまず「Microsoftのサービスをすべて隠す」にチェックを入れ

次に、「すべて無効」をクリックし、「適用」をクリックそして

最後に「OK」をクリックします。

update12

7.次に「再起動」をクリックし再起動しましょう。

update13

8.再起動後にwindows updateができるか確認してみましょう。

そして具体的にどのプログラムが原因でupdateが失敗しているかを

探す場合は、

先ほど設定した手順4でスタートアップを無効にした

プログラムを1つずつ有効にしていき、

どのプログラムを有効に時点で失敗するかを探してみるとよいでしょう。

以上で説明は終わりです。

 

 

スクリーンショット-2017-02-01-5.15.34-1

keishiのプロフィール
早稲田大学社会科学部卒業/27歳
就職もせずにぷらぷらしていた25歳の時にWebを活用したビジネスの可能性に気づき、特にパソコンが得意だった訳ではないが0からサイト作りやアフィリエイトを学ぶ。
参入後1年で月収200万円2年目に月収1700万円を達成し自由な生活を送っている。現在は法人企業向けの経営指導やマーケティングコンサルにも力を入れている。
>>>詳しいプロフィールを漫画で読む<<<

 

スポンサーリンク

コメント

  1. 平木 宏 より:

    御礼が遅くなりすみませんでした。
    レシピをプリントしてやってみます。これならよくわかります。
    8,1にようやく慣れてきたところ、半ば強制的に10になりました。
    慣れるのに一苦労です。有難うございました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です