windows10の電源管理の設定方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

windows10の電源管理の設定方法について紹介します。

この電源管理ですが、パソコンを触って居ないと自動的にモニターの電源が切れたりスリープモードに移行したりする機能となっています。この機能はノートパソコンを使う時なんかは

バッテリーの持ち具合が変わるので重要な機能になっています。デスクトップパソコンを利用していても電気代を気にする方なんかはこの設定を見直してみると良いでしょう。

さっそくですが、設定の手順を説明します。

1.「スタート」から「設定」をクリックします。

電源1

2.「設定」画面から「システム」をクリックします。

電源2

3.「設定」画面にて「電源とスリープ」をクリックする。

電源3

4.「画面」と「スリープ」という項目があるのでそれぞれ設定することになります。

電源4

この画面ですと、両方と「なし」の設定になっている状態です。

設定時間は、1分~5時間まであるのでお好みで設定してください。

「なし」の場合は、それだけ無操作の時間があってもよいということになります。

いわゆる無効の状態です。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です