windows10のスタートメニューの追加や削除などの編集方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

スタートを押したときに表示されるメニューの編集方法を紹介します。

スタートメニューに追加する方法

よく使うアプリを毎回すべてのプログラムから選択するのが面倒ですよね。

そんな時にはスタートメニューのタイルに追加することですぐにアプリを

起動することができるようになります。

1.「スタート」画面から対象のアプリを探します。

今回は「Google Chrome」を追加してみたいと思います。

スタート1

2.対象のアプリを右クリックし、「スタート画面にピン留めする」

をクリックします。

スタート2

3.このように追加されているのがわかります。

次回からこちらをクリックすることですぐにアプリの起動が可能になります。

スタート3

スタートメニューのアプリを削除する

スタートメニューのタイルに表示されているアプリで初期設定から表示されているものなどで

まったく使わないものもありますよね、そういったアプリを削除(非表示)にする方法を

ご説明します。

1.対象のアプリを右クリックします。

スタート4

2.そしてメニューから「スタート画面からピン留めを外す」をクリックします。

スタート5

3.これでスタート画面からアプリが削除(非表示)になりました。

スタート6

スタートメニューのアプリを編集するには

必要あるアプリ、必要ないアプリをそれぞれ追加・削除行っていった際に

アプリの位置がバラバラになってしまうので編集しましょう。

1.対象のアプリをドラッグします。(左クリックを押したままずらす)

スタート7

2.置きたい位置を決めたら左クリックを放します。

これで先ほど削除しスペースがあったところに対象のアプリが移動します。

スタート8

編集方法として他にもあり、この表示されている1つ1つのアイコンの表示サイズの

変更ができます。

変更するには、対象のアプリを右クリックし、

メニューから「サイズの変更」→「小・中・横長・大」のどれかを選択します。

スタート9

下記の画面はサイズの変更で「小」を設定した場合です。

このように使いやすいように位置を変えたりサイズを変更できます。

スタート90

他にはwindows10の機能として、「よく使うアプリ」や「最近追加されたアプリ」の表示の設定ができます。こちらも使えると便利なので覚えておきましょう。

1.「スタート」から「設定」をクリックします。

2.「設定」画面から「パーソナル設定」をクリックします。

フォルダ設定1

3.「パーソナル設定」から画面左側のメニューにある「スタート」をクリックします。

フォルダ設定2

4.「スタート」画面にて以下の項目を設定することでスタートメニューの変更ができます。

フォルダ設定3

・よく使われるアプリを表示した状態

最近起動したアプリを表示するようになります。よく使うアプリが表示されるようになるので結構便利です。

フォルダ設定4

・最近追加したアプリを表示する

ここでは最近インストールしたアプリを表示されるようになります。

フォルダ設定5

スタート画面に表示するフォルダーを選ぶ

いろいろなフォルダの項目がありますが必要な物をオンにする事で

スタート画面に表示されるようになります。

フォルダ設定7

フォルダ設定6

スポンサーリンク

 

 

スクリーンショット-2017-02-01-5.15.34-1

keishiのプロフィール
早稲田大学社会科学部卒業/27歳
就職もせずにぷらぷらしていた25歳の時にWebを活用したビジネスの可能性に気づき、特にパソコンが得意だった訳ではないが0からサイト作りやアフィリエイトを学ぶ。
参入後1年で月収200万円2年目に月収1700万円を達成し自由な生活を送っている。現在は法人企業向けの経営指導やマーケティングコンサルにも力を入れている。
>>>詳しいプロフィールを漫画で読む<<<

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です