windows10でMicrosoft OneDriveを使用してみる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

Windows10でMicrosoft One Driveを使ってみました。

このOne Driveというのは、簡単にいうとクラウドにデータを保存することで家はもちろんのこと出先など、場所を問わずにテキストデータや画像データなどアップロード、ダウンロードを行うことできるようになります。よく使うデータをこのOneDriveに保存しておけばいつでもどこでもデータのやり取りが可能です!

早速One Driveの使い方を説明します。

※このOne Driveを使うにはMicrosoftのユーザーアカウントの作成が必要になります。

そのアカウント作成も併せて手順を紹介していきます。


1.「スタート」→「すべてのアプリ」→「One Drive」をクリックします。

2.起動すると「OneDriveへようこそ」という画面が表示されるので右下にある「使ってみる」をクリックします。

oneDrive

3.サインイン画面になるので「新規登録」をクリックします。

oneDrive2

4.Microsoftアカウントの作成画面にて、必要事項を入力します。

oneDrive3

5.登録したメールアドレス宛にメールが届きます。

oneDrive4

「xxxxxxx.comの確認」という文字をクリックします。

6.これでアカウントの登録が完了になります。最後に「OK」をクリックします。

oneDrive5

7.手順3のサインイン画面にて先ほど登録した、アドレスとパスワードを入力しログインします。

8。OneDriveフォルダーを設定しますという画面が表示されるので、OneDriveフォルダーの場所を確認しておきます。必要な場合はこのフォルダを変更すると良いでしょう。そして「次へ」をクリックします。

oneDrive6

9.OneDriveのファイルをこのPCと同期という画面になるので、「OneDriveのファイルとフォルダーをすべて同期」にチェックが入っている事を確認し、次へをクリックします。

oneDrive7

10.ファイルにどこからでもアクセスという画面で、「OneDriveを使ってこのPC上のファイルをアクセスする」にチェックが入っている事を確認し、「完了」をクリックします。

oneDrive8

これでOneDriveの設定は完了です。

11.先ほど設定したOneDriveのフォルダへ必要なデータを移動させておきます。

oneDrive10

12.外出先からデータのやり取りをする場合は、OneDriveのサイトに行き、サインインしてください。ログイン後、データのダウンロードやアップロードが出来るようになります。

oneDrive11

以上で終了です。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です