windows10のレンタルDVDなどを入れたときの自動再生の設定方法!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

windows10のDVD自動再生の設定方法について紹介します。

パソコンで映画を観ようと思ってDVDを入れたけど・・・前まではメディアプレイヤーが起動して自動で再生されたのにいつのまにか何も起動しなくなってる・・・なんて事ありませんか?それを解決するのがこの自動再生の設定です。DVDメディアはもちろんの事、例えばUSBメモリがPCに接続されたときもこの自動再生の設定が関わってくるので知らなかった方は

是非最後まで見てください!では早速設定方法を説明します。

1.コントロールパネルを開きます。※コントロールパネルの開き方はコチラ

2.コントロールパネルから「自動再生」をクリックします。

自動再生1

3.自動再生という画面で「DVD」というメニューがあります。

自動再生2

4つの項目がありますが、基本的に設定しておけばいいのは「DVDムービー」と「DVDオーディオ」ぐらいでしょう。

DVDムービーというのは名前の通りですが、例えばレンタルしてきたDVD映画をドライブにいれたときにどうするかという設定になるのですが、これを「何もしない」の設定だと

DVDをいれても何も動作しない事を意味するので、再生するように設定するには、例えばWindows10の標準プレイヤーである「PlayDVD」というものを選択してあげればこのプレイヤーで自動的に再生されるようになります。

あとは毎回どう再生するのか等を決めたいという場合は「毎回動作を確認する」という項目を選択すると良いでしょう。

自動再生3

設定が完了したら最後に右下の「保存」をクリックします。

これで設定は完了です。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です