windows10でDVDの再生や書き込みプレイヤーのインストール等を行う方法をご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

windows10で映画などのDVDプレイヤーを再生する方法DVDに書き込みを行う方法を紹介します。

残念なことにwindows10にはDVD再生プレイヤーが入っていないので

フリーソフトを使ってDVDを再生する方法をご説明していきます。

windows10でVLC(DVD再生ソフト)をダウンロード・インストールする

私がおススメするDVDを再生するプレイヤーソフト「VLC」を今回はご紹介します。

こちらは昔からDVDプレイヤーソフトとして人気のアプリになっています。

いろいろな形式のファイルを再生できるので汎用性も高いため私自身も

よく使っています。

1.まず始めにこちらDVDプレイヤー「VLC」の公式サイトにアクセスします。

下記のリンクからも公式サイトにアクセスできます。

VLCメディアプレイアー公式サイト

2.公式サイトから「ダウンロードVLC」をクリックしましょう。

dvd2

3.ダウンロード完了したら「ダウンロードフォルダ」を開いて

実行しましょう。

dvd3

4.実行するとまず最初に、「言語設定」画面がでるので、

「Japanese」になっていることを確認し、「OK」押します。

dvd4

セットアップウィザード画面にて「次へ」をクリックします。

dvd5

次にライセンス契約書の画面になりますがこちらも「次へ」をクリックします。

dvd6

次にコンポーネントを選んでくださいという画面がでますが

こちらも何もいじらないで「次へ」をクリックしましょう。

dvd7

ここでは「インストール先フォルダ」を指定する画面になりますが、

わからない場合や特に変更が必要ない場合はそのまま「インストール」をクリック

dvd8

インストールが始まりますのでしばらく待ちましょう。

dvd9

これでインストール完了になります。最後に「完了」をクリックします。

dvd10

既定のアプリを変更してDVDプレーヤーを「VLC」に設定する

インストールが完了したことで映画などのDVDソフトを入れれば再生可能になりましたが、

もう1つ設定しておく必要がありますのでこちら説明していきます。

この規定のアプリというのは簡単に説明すると、

各ソフトに対してどのアプリケーションを起動するかというものになります。

例えば、Webブラウザには初期設定として「Microsoft Edge」が設定されています。

ですので例えばあるサイトのURLリンクをクリックした場合は、この初期設定になっている

MicrosoftEdgeがwebブラウザとして起動するということになります。

仮に「chrome」をインストールしURLリンクをクリックしたときに、Chromeブラウザで

起動させたいという場合はこの既定のアプリの「webブラウザー」をMicrosoftEdgeから

chromeに変更することで可能になります。

この規定のアプリはメールソフトやメディアプレイヤーなども設定可能です。

ちなみに、今回設定する、「ビデオプレーヤー」は標準ではDVDプレイヤーはインストールされていないので、こちらを先ほどインストールした「VLC」に変更します。

そうすることでDVDメディアを入れたときに自動的にVLCプレイヤーでDVDが再生することが

できます。

1「スタート」→「設定」をクリックします。

update1

2.「windowsの設定」画面が開くのでこちらから「アプリ」を選択します。

dvd11

3.「アプリと機能」という画面が表示されるので左側メニューから

「既定のアプリ」をクリックします。

dvd12

4.「既定のアプリ」画面にて、「ビデオプレーヤー」項目に

「映画&テレビ」というのが表示されているのでそちらをクリックし、

一覧アプリの中から先ほどインストールした「VLC media player」を選択しましょう。

dvd13

選択した際に下記の確認画面が表示されますが、

「強制的に変更する」をクリックしましょう。

dvd14

これで変更完了になります。

dvd15

windows10でDVDメディアにファイル書き込みを行う方法

※フリーソフトを使ってDVDへISOファイルを書き込んでプレーヤーで見る方法

を追記しました。


1.書き込まれていないDVDメディアをドライブに入れます。

2.「スタート」→「すべてのアプリ」→「windowsシステムツール」→

「PC」をクリックします。

DVD1

DVD2

3.「デバイスとドライブ」にある「DVD RWドライブ」をクリックします。

※搭載されているドライブによってはDVD RW以外の表記になっているかもしれません。

DVD3

4.「このディスクをどの方法で使用しますか?」という画面が表示されます。

DVD9

「USBフラッシュドライブと同じように使用する」という項目と

「CD/DVDプレーヤーで使用する」があります。

前者の選択をした場合はDVDにファイルの保存・編集・削除が行える物になります。しかし

これを使用出来るOSがWindowsXP以降なので注意してください。

後者の選択をする場合は、一度だけファイルの書き込みを行い、以降追加でファイルの書き込みや、編集・削除等一切行えなくなります。こちらはどのOSでもお使いいただけるかと思います。大事なデータ、バックアップデータを保存する場合はこちらのモードでやるのが良いでしょう。あとから間違えて削除してしまった・・・なんて事がないため安心です。

選択したら、次へをクリックします。

ディスクのタイトルは初期設定だと当日の日付が表示されていますが、

わかりやすいように任意の文字を入力すると良いでしょう。

5.手順4で「USBフラッシュドライブと同じように使用する」を選択した方はフォーマット中と表示されるのでしばらく待ちましょう。

DVD5

6.メディアに書き込むフォルダが表示されますのでそこに必要なファイルをドラッグ&ドロップで追加してきましょう。

DVD7

そして

手順4で「USBフラッシュドライブと同じように使用する」を選択した場合はファイルを追加するたびに自動的にファイルの書き込みが行われます。

手順4で「CD/DVDプレーヤーで使用する」を選択場合は、必要なファイルをすべてフォルダ内にコピーし終わったら、「管理」タブから「書き込みを完了する」をクリックすると

DVD8

DVDへの書き込みが始まります。

※「USBフラッシュドライブと同じように使用する」を選択した方は、次回データを編集・追加等する場合はDVDを入れていただき、フォルダを開きましたら手順5の通りファイルの編集を行うことができます。

DVDへISOファイルを書き込むアプリをインストールする

上記のwindows10標準の書き込みツールを使っても

「データファイル」としてしか書き込まれないので

例えば市販のDVDプレーヤーで動画を再生したい!といった場合は

使えませんでした。

ここでは、フリーソフトを使ってDVDへISOファイルに書き込みプレーヤーで

再生する方法をご紹介します。

今回使うフリーソフトは「ISO Workshop」というものになります。

こちらのダウンロードに関しては下記のURLからダウンロードできます。

http://forest.watch.impress.co.jp/library/software/isoworkshop/

次にインストール手順をご説明します。

1.ダウンロードしたファイルを実行します。

DVDISO1

2.実行すると、言語の設定項目が出ますが、

日本語がないので「English」にします。

DVDISO2

3.次に「Next」をクリックします。

DVDISO3

4.この画面では、「I accept the agreement」にチェックをいれ、

「Next」をクリックします。

DVDISO4

5.そしてここではインストール先指定しますが、

特にインストール先を指定しなくても初期設定で問題ありません。

そのまま「Next」をクリックします。

DVDISO5

6.ここではスタートメニューに追加するかどうかの設定になります。

作成する場合はそのまま「Next」をクリックします。

作成したくない場合は画面の左下にある

「Don’t create a Start Menu folder」にチェックをいれ「Next」を

クリックします。

DVDISO6

7.こちらの画面では

「デスクトップにショートカットアイコンを作成する」

DVDISO7

8.ここでは本製品とは関係ない「Pro PC Cleaner」というアプリを入れるかどうか

聞いていますが、必要ないのでチェックを外し「Next」をクリックします。

DVDISO8

9.ここでは今までの設定内容の確認画面になります。

そのまま「Install」をクリックします。

DVDISO9

10.「Finish」をクリックします。

これでインストールは完了になります。

DVDISO10

実際にISOファイル作成しDVDへ書き込む方法

先ほどインストールしたアプリを使って実際にDVDへISOファイルを書き込む方法について

ご説明します。

1.先ほどインストールしたアプリを起動します。

そして、「Make ISO」をクリックします。

※すでにISOファイルを用意している場合はこの作業は必要ありません。

DVDISO11

2.「ISO Settings」という項目が表示されますので、

Nameを入力します。ここは自分がわかりやすいものを

任意で入れてください。

そして「OK」をクリックします。

DVDISO12

3.次に「Add」をクリックします。

DVDISO13

4.ここで実際に書き込みを行う、動画ファイルなどを選択し、

「Add」をクリックします。

DVDISO14

5.追加をすると、画面右側にファイルが表示されます。

DVDISO15

6.そして書き込むファイルの追加が終わったら、

「Save」をクリックします。

DVDISO16

7.そして、このISOファイルを保存する先を指定し、

ファイル名を任意で入力。最後に「保存」をクリックします。

DVDISO17

8.そうするとこのようにディスクイメージファイルが作成されます。

DVDISO18

9.そして次に「Burn Image」をクリックします。

DVDISO19

10.ここでは先ほど作成したイメージファイルを選択します。

「Browse」をクリックし、対象のイメージファイルを選択してください。

DVDISO20

DVDISO21

11.ファイルを選択したら「Burn」をクリックします。

※Burnをクリックする前に、焼くためのDVDをドライブに入れておいてください。

他に設定項目がありますが、初期設定のままでOKです。

DVDISO22

12.書き込みが始まるのでしばらく待ちましょう。

DVDISO23

13.DVDへ書き込みが終わると下記のメッセージが表示されるので

「OK」をクリックします。

これでディスクへの書き込み完了となります。

DVDISO24

スポンサーリンク

 

 

スクリーンショット-2017-02-01-5.15.34-1

keishiのプロフィール
早稲田大学社会科学部卒業/27歳
就職もせずにぷらぷらしていた25歳の時にWebを活用したビジネスの可能性に気づき、特にパソコンが得意だった訳ではないが0からサイト作りやアフィリエイトを学ぶ。
参入後1年で月収200万円2年目に月収1700万円を達成し自由な生活を送っている。現在は法人企業向けの経営指導やマーケティングコンサルにも力を入れている。
>>>詳しいプロフィールを漫画で読む<<<

 

コメント

  1. wakaranaina79 より:

    簡単に出来たので 感動です。。

  2. dvd データ 書き込み より:

    参考になります

    ありがとうございました。

  3. ひろひろ より:

    書き込みはできたのですが、パソコンでは見ることはできても、DVDレコーダーでは再生できませんでした。

    • jok0504 より:

      DVDレコーダーで再生されないということから察するに
      書き込む際にただの「データ」形式として書き込んでしまっているようですね。
      再生プレーヤーで再生できるようにする場合には、ISOという形式で書き込まないとプレーヤー等では再生できないかよ思います。
      ですが、windows10ではISO形式で書き込めるソフトが入っていませんので、無料もしくは有料ソフトを使って書き込む必要があります。
      パッと思いついたソフトの名前ですと、無料ライティングソフトで「ImgBurn」というものがありますね。
      ただし海外のソフトですのでご注意してください。
      他にもライティングソフトはたくさんあるかと思います。
      「ISO形式 ライティングソフト」と検索していただけると何かしらソフトが出てくるはずです。一度検索してみてください。

  4. 良い情報をアップしてくださりありがとうございます。

    ちらを参考にさせていただきました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です