流行のスティックPCについて使い方などを調べてみた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

パソコンサイトなどを見てると結構目にする「スティックPC」ですが

実際なんなの?どういう事に使えるの?という疑問が出たので調べてみました。

スティックPCってなに?

imgres

簡単に説明するとUSBフラッシュメモリよりは大きいですが、

その中にパソコンが凝縮されたもの。ノートパソコンやデスクトップパソコンがこのスティックに詰まっているのでパソコンと同様のものになります。

そう考えるとかなり小さいものになります。これだけ小さいとノートパソコンよりも持ち運びにも便利だしカバンが無くてもポケットに入れておけますよね!

使い方としては、パソコンモニタや液晶テレビに備わっているHDMI端子に差し込み使います。そのモニタや液晶テレビに出力され、パソコンのように操作することが可能になります。

なのでHDMI端子がついているものであればどういうモニタでも使えます。普段使っている液晶テレビはもちろんのこと、プロジェクターなんかにも使う事が出来ます。

スティックPCのメリット・デメリット

スティックPCのメリットは、この小ささとお手軽に購入できる値段でしょう。

まずなんと言ってもこれだけ小さいので場所を取りませんし、液晶テレビに刺したままでも

邪魔になりません。あとは、最近出ている安いノートパソコンと同じぐらいの性能を持ち合わせていてなおかつ値段も安いので、気軽に買えるのではないでしょうか。

性能も、普段メールやインターネットでのネットサーフィンをする程度ならこのスティックPCで十分足ります!

デメリットとしては、ゲームをやったり複数動画再生するなど重い処理は出来ないです。

あとこれは1つめのデメリットに関連することですが、結構重い処理などをさせているときに

発熱しますがスティックPCには排熱の能力があまり高くないため、熱がこもって熱暴走することがあります。特に夏場など、室内の温度が高い状態で重い処理をさせたりすると、熱暴走し、電源が突然落ちてしまったりなんて事が頻繁に起こる可能性がありますので注意してください。あとはキーボードとマウスが必要になると言う事です。

パソコンを操作するにはこの2つが必要になるので使用する場所に用意しておかないと行けません。

次に現在発売されているスティックPCでオススメできそうなものを3つほどまとめて見ました。気になっている方は次のページへ紹介してますので確認してみてください!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です