windows10のタスクバーを自動的に隠す設定方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

windows10のスタートボタン、通知領域など

画面の下に表示される「タスクバー」を自動的に隠す方法について紹介します。

タスクバー1

1.始めにタスクバーの起動しているアプリのアイコン以外のところで右クリックします

タスクバー2

2.メニューが表示されるので「プロパティ」をクリックします。

タスクバー3

3.「タスクバーとスタートメニューのプロパティ」が表示されます。

ここで「タスクバーを固定する」のチェックをはずし、

「タスクバーを自動的に隠す」にチェックを入れ、「適用」をクリックし作業終了です。

タスクバー4

設定終了後からタスクバーが自動的に隠れるようになります。また

メニューを表示させたい場合はマウスカーソルをメニューがあった辺りに持って行けば

タスクバーが表示されます。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です