SSD(ソリットステートドライブ)をデフラグしてみよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

最近では、当たり前に使われるようになったSSD。

しかしSSDと言えど、ファイルの書き込みを頻繁にする事で、

HDD(ハードディスクドライブ)と同様に断片化(フラグメンテーション)します。

勿論、断片化してしまうことで読み書きの処理時間は遅くなってしまうのも事実です。

なのでSSDを使って今まで1度もデフラグしてない方は、是非このSSDのデフラグを行ってみてください。処理能力が買った頃に戻るところまでは行かないかもしれませんが、多少なり

読み書きの処理が速くなりますよ!

早速手順を紹介します。

1.「スタート」から「すべてのアプリ」をクリックします。

DVD1

2.「W」の項目にある「windows管理ツール」をクリックし展開します。

ssdデフラグ1

3.「ドライブのデフラグと最適化」をクリックします。

ssdデフラグ2

4.「ドライブの最適化」画面が表示されるので「メディアの種類」を確認してみてください。

ソリットステートドライブと表示されているものがSSDになります。

皆さんSSDを使っている方は基本的にCドライブがSSDになっているのではないかと思います。今回はCドライブをデフラグします。

ssdデフラグ3

5.Cドライブを選択した状態で「最適化」をクリックしてください。

あとは完了するまで待ちましょう。完了すると、「現在の状態」が「最後に実行されてから0日」という表記に変わるのでそちらで完了したかどうかわかります。

ssdデフラグ4

これで作業は終わりです。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です