windows10の仮想デスクトップの使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

windows10から搭載されている、この仮想デスクトップ。

これは、デスクトップを仮想的に複数持つことでデスクトップ上でアプリを複数起動し、平行作業を行う事が可能になるものです。

たとえばデスクトップ1の画面では、excelやwordを使って資料を作成する。

デスクトップ2の画面では、ビデオカメラで撮った動画を編集する。

これをすべて1つのデスクトップ画面で表示すると1つのアプリごとの画面が小さすぎて分かりくいため作業効率が悪いです。

これらを仮想デスクトップを使う事によって作業する目的ごとにデスクトップが切り替えられるのでごちゃごちゃしないで効率良く作業を行うことができます。

では早速その仮想デスクトップの使い方を紹介します。

1.デスクトップの下側のバーを右クリックします。

仮想デスクトップ1

メニューが表示されるので、「タスクビューボタンを表示」をクリックします。

これで準備完了です。

2.タスクビューボタンをクリックします。

仮想デスクトップ2

3.「新しいデスクトップ」をクリックします。

仮想デスクトップ3

これでデスクトップ1とデスクトップ2の2つがある状態になります。

4.仮想デスクトップ画面を切り替えるには、このタスクビューボタンを押して、

デスクトップ1もしくはデスクトップ2をクリックします。

仮想デスクトップ4

作業中のアプリをデスクトップ1からデスクトップ2に移すには、

タスクビューボタンを押して、移動したいアプリをドラッグし(画像ではPCというフォルダを移動させます)、デスクトップ2にドラッグしていくとそのフォルダが小さくなり、デスクトップ2の画面の色が変わりますのでその状態でドラッグします。

仮想デスクトップ5

仮想デスクトップ6

これで移すことができます。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です