windows10で高速スタートアップを設定(無効)する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

windows10の初期設定で有効になっているこの「高速スタートアップ」の無効にする設定方法を紹介します。

この高速スタートアップというものは、簡単にいうとパソコン(windows10)の起動速度を早くする!というものになっています。

がしかしこれが有効になっていることでいろいろと不具合が出ることも確認されているようです。

私のパソコンを例にすると、ネットワークデバイスが認識しない状態で起動し、ネットワークに繋がらなくなってしまいます。なので再起動を余儀なくされます。再起動しないと行けないと言うことは結局トータルで考えると起動時間が早くなっているというより遅くなりました・・・。

ほんの1例に過ぎませんがいろいろとデバイスの認識がおかしくなることがあるようなので、

有効したままになっている方は無効にすると何かしら抱えている不具合が解決されるかもしれません。

早速手順を紹介します。

1.「すべてのアプリ」→「設定」をクリックします。

高速スタートアップ1

2.「設定」→「システム」をクリックします。

高速スタートアップ2

3.「システム」から「電源とスリープ」をクリックします。

高速スタートアップ3

4.「関連設定」から「電源の追加設定」をクリックします。

高速スタートアップ4

5.「電源オプション」のメニューから「電源ボタンの動作の選択」をクリックします。

高速スタートアップ5

6.表示された画面にて「現在利用可能ではない設定を変更します」をクリックします。

※ここをクリックしないと「高速スタートアップを有効にする」の設定が変更できません。

高速スタートアップ6

7.「シャットダウン設定」にある「高速スタートアップを有効にする(推奨)」のチェックをはずし、変更の保存をクリックします。

高速スタートアップ7

これで作業完了です。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です