windows10のスクリーン(ソフトウェア)キーボードの使い方まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

使っているキーボードが壊れた経験はありませんか?

文字の入力が必要になったときにキーボードを持ち合わせてないとかたまにありますよね。

そんな時に活躍するのがこの「ソフトウェアキーボード」です。

スクリーン(ソフトウェア)キーボードってなに?

キーボード1本来キーボードを使って入力するものですが、画面上にソフトウェアのキーボードを表示させ

それをマウスクリックなどをして入力処理する事が可能になるものです。

身近な例で言うと、iphoneやipadの入力って物理的にキーボードを繋げていませんよね。

画面上に入力するキー一覧が表示されてそれをタッチすることで入力する事ができるようになっています。

スクリーン(ソフトウェア)キーボードの表示方法

1.「スタート」→「すべてのアプリ」をクリックします。

1

2.Wの項目にある「windows簡単操作」を展開

キーボード2

3.展開すると「スクリーンキーボード」が表示されるのでクリックします。

キーボード3

 

 

スクリーンショット-2017-02-01-5.15.34-1

keishiのプロフィール
早稲田大学社会科学部卒業/27歳
就職もせずにぷらぷらしていた25歳の時にWebを活用したビジネスの可能性に気づき、特にパソコンが得意だった訳ではないが0からサイト作りやアフィリエイトを学ぶ。
参入後1年で月収200万円2年目に月収1700万円を達成し自由な生活を送っている。現在は法人企業向けの経営指導やマーケティングコンサルにも力を入れている。
>>>詳しいプロフィールを漫画で読む<<<

 

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です