Excel – フィルターで選択したデータだけをコピーする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

データ分析においてフィルターを使用することは多いかと思います。財務会計等における数字のデータに限らず地名、人名、住所、趣味、年齢、。。。などなど。そして、フィルターを用いてある一定の共通した情報を掘り下げて分析する場合など、そのデータだけをコピーするなどして取り出したいとき、見えていないセルに入力されたデータまでコピーされてしまった経験はありませんか?そんなとき、これを知っていると作業がグッと楽になります。順を追ってお伝えします。

1.フィルターを設定する

こちらはもうお馴染みかと思いますが、「データ」タブを開いてフィルターをクリック。対象となる列に下向きの三角が付いてフィルターが使用可能になります。対象セルに上手く下向きの三角が現れない場合は、対象の行を選択してから「フィルター」をクリックしましょう。この場合は「1」行です。

1

2.フィルターを使って対象となるデータを抽出する

ここでは練習のため、飛び飛びにデータを抽出しています。見えているデータとデータの間には選択していないデータが実際には入力されています。

2

3.抽出したデータのみを選んで新しいシートにコピーする

抽出したデータを選択、「ホーム」タブの「検索と選択」を開いて「条件を選択してジャンプ(S)…」をクリックする

3

4.ダイアログボックスの「可視セル」を選択する

表示されたダイアログボックスの「可視セル」を選択して「OK」をクリック。これで今現在見えているセルの情報だけが対象となる

4

5.コピー&ペイストで新しいシート(またはファイル)に対象データをコピーする

後はいつものコピー&ペイストで新しいシートやファイルに貼り付けるだけ!これでスッキリ、欲しいデータだけが選択されて作業を勧めることができます。

5

簡単ですが、このような方法を知っているか知っていないかで作業の効率がかなり変わるのです。お試しください!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です