Windows 10 – desktop.ini ファイルを非表示にする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

Windows 10をインストール、またはWindows 10マシンを使い始めて自分なりの設定を行っているうちに「desktop.ini」というシステムファイルが知らないうちにデスクトップ上に表示されてしまうケースがあります。筆者もこれ、Windows 10にかかわらず、7でも経験したことがあります。

desktopini-表示-1

このファイル、パソコンの表示方法やソフトウエアの起動などを設定するファイルなので削除してしまうとシステムが不安定になったりソフトが起動できなくなったりするため、削除してはいけないファイルなのです。

そこで今回は、Windows 10でこのシステムファイルを非表示にする方法をお伝えします。

1.対象のファイルを選択する

まずはエクスプローラーを起動して、ini ファイルが表示されているフォルダを選択し、メニューから「表示」をクリックします。

desktopini-表示

2.「オプション」を開く

表示タブを開き、いちばん右側の「オプション」をクリックしてダイアログボックスを表示させる

desktopini-表示-2

3.ダイアログボックスから非表示に設定する

ダイアログボックスを表示させたら「表示」タブを開き、「詳細設定」をいちばん下までスクロール、「保護されたオペレーティングシステムファイルを表示しない(推奨)」にチェックマークをつけて「適用」「OK」をクリックする

desktopini-表示-3

消えました~!

desktopini-表示-4

先にも書きましたが、くれぐれもシステムファイルは削除しないようにしましょう。そしてファイルの削除が必要なときは、コントロールパネルからアプリケーション単位、または確実に何のファイルかがわかっている場合のみの削除がお勧めです。

ご参考になれば嬉しいです!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です