windows10のISOファイルの作成方法まとめ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

windows7やwindows8ユーザーの方は2016年の7月末まで無償でwindows10にアップグレードが出来るのはご存じかと思いますが。

アップグレード方法はいくつかあり、1つはwindowsupdateにてアップグレードするためのファイルをダウンロードしアップグレードするものがあります。

他のやり方としては、今回ご紹介する。ISOファイルを作成し、そのISOファイルを使用してアップグレードするものがあります。

ISOファイルからのアップグレードする理由として、ネットワーク環境なかったり、ネットワーク環境が合っても回線が細くてダウンロードするのに時間がかかる・・・などなど様々です。

このISOファイルを作成しておけば、いつでもすぐにwindows10にアップグレード出来るので便利ですよね!

では早速ISOファイルの作成方法を説明します。

windows10のISOファイル作成手順

1.まず始めにマイクロソフトの公式サイトからISOファイルを作成するために必要なツールをダウンロードしてきます。

下記サイトのリンクからダウンロードページに行けます。

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

iso作成2

ダウンロードページへ飛んだら「ツールを今すぐダウンロード」をクリックします。

そうすると、「MediaCreationTool.exe」がダウンロードされますので、

こちらのダウンロードが完了したら実行しましょう。

2.MediaCreationTool.exe実行すると、下記の画面が表示されるので

「同意する」をクリックします。

iso作成3

3.「実行する操作を選んでください」と表示されます。

「他のPC用にインストールメディアを作る」を選択してください。

今回はISOファイルの作成を行うので、今すぐアップグレードは選択しません。

4.ここではどのような環境のPCにインストールするかを選択する画面となります。

今現在あなたが操作しているパソコンと同じ環境であれば、「このPCにおすすめのオプションを使う」にチェックを入れて頂ければ構いません。ですが、他のPCにこのISOファイルを使う方は、このチェックを外して「言語」「エディション」「アーキティクチャ」をそれぞれ選択しましょう。

iso作成5

まず始めに「言語」ですがこれはOSで使用する言語になります。ほとんどの方は日本語のままで良いでしょう。

「エディション」についても初期設定の「windows10」のままで良いです。

次に「アーキティクチャ」ですが、これはアップグレードする端末で32bitのOSなのか64bitのOSなのか確認しましょう。

確認方法については、下記のページを参考にするとよいでしょう

アーキティクチャ確認方法

https://121ware.com/qasearch/1007/app/servlet/relatedqa?QID=011799

3種類の項目の選択が済んだら、「次へ」をクリックします。

5.確認事項として下記の画面がでます。「OK」をクリックしましょう。

iso作成6

6.「使用するメディアを選んでください」という画面が表示されるので

「ISOファイル」を選択し、「次へ」をクリックします。

「次へ」をクリックすると、作成したISOファイルの保存先を指定します。

指定するとISOファイルの作成が始まります。

iso作成7

iso作成8

7.ISOファイルの作成が終わると下記の画面が表示されるので「完了」をクリックします。

これで作業終了です。

iso作成9

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です