Windows10の仮想デスクトップ機能紹介と使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

Windows 10で遂にというかようやくといいますか、やっと純正機能として「仮想デスクトップ」機能が実装されました。

従来もサードパーティー製のソフトなどを導入すればWindowsでも仮想デスクトップが実現できましたが、純正機能としては本当に「ようやく」導入された感があります。

複数のソフトを同時に起動してWindowsを利用するユーザーには強力なパートナーとなり得る仮想デスクトップ、今回はWindows 10のこの機能の使い方をご紹介します。

仮想デスクトップとは

まず始めに仮想デスクトップとは何かを説明します。

名が体を表す感もあるのですが、仮想デスクトップ機能では仮想的にデスクトップ画面を複数持つことが出来るようになります。物理的なディスプレイの数が増えるわけではありませんので、同時に表示できるウィンドウの数には基本変化はありません。

仕事ごとに複数のデスクトップを作っておき、それぞれの仕事で使うウィンドウだけをその仕事用のデスクトップにまとめることで、1つのデスクトップに表示するウィンドウの数を絞って整理することが出来ます。

別の仕事を行なう際にはデスクトップを切り替えることで、いっぺんに次の仕事の環境にデスクトップを切り替えることが出来ます。

また、実質デスクトップの表示領域が仮想デスクトップの枚数分何倍にも増えますので、多数ソフトを起動したまま作業する場合には作業効率を上げられる可能性があります。

タスクビュー

Windows 10の仮想デスクトップは、従来のAlt+Tabで行なっていたタスク(ウィンドウ)切り替えの仕組みを拡張した「タスクビュー」ですべてを管理します。

最初にデスクトップを追加するのも、追加したデスクトップを削除するのもタスクビューから行ないます。複数のデスクトップ間でウィンドウを移動したり、デスクトップを切り替えるのもタスクビューから行なうことが出来ます。

タスクビューの起動は、初期設定のままのタスクバーであれば、タスクバー上の次のボタンから起動できます。

usage01_01
また、ショートカットキーではWindowsキー+Tabキーの同時押しで起動することも出来ます。

タスクビューの画面は以下のようになります。

usage01_02

デスクトップの追加

デスクトップの追加はタスクビューの「+」型のボタンをクリックすることで行ないます。

デスクトップの切り替え

複数あるデスクトップを切り替えるには、タスクビューからデスクトップのサムネイルをクリックすることで行えます。

またショートカットキーでは、Windowsキー+Ctrlキー+カーソル移動キーの左右で、電子書籍のページ送りのようにデスクトップを切り替えることが出来ます。

デスクトップの削除

デスクトップの削除は、タスクビューの画面でデスクトップのサムネイル画像にポインタを重ねると、サムネイルの右肩に×ボタンが表示されますので、これをクリックします。

usage01_03

ウィンドウの移動

デスクトップ間でウィンドウを移動させるには、タスクビューの画面でウィンドウのサムネイルをデスクトップのサムネイルにドラッグ・アンド・ドロップすることで行ないます。

まとめ

複数のソフトを平行して動かして、それらのソフトを行き来しながら作業を行なう方は、作業効率の改善を狙える機能が仮想デスクトップです。

Windows自体に機能が組み込まれていますので、動作の安定性の部分で安心感があります。また、仮想デスクトップを作ってもWindows自体の使用メモリに大きな変化はありませんので、こちらの面でも安心して利用出来る機能となっています。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です