Windows10標準メールアプリにマイクロソフト系のメールアカウントを設定する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

Windows 10をセットアップする際にMicrosoftアカウントでサインインする設定にすると、標準のメールアプリやOneDriveの設定には、サインインで使う設定をしたMicrosoftアカウントが自動的に設定されてすぐに使える状態になっています。

サインインで使うもの以外のMicrosoftアカウントのメールを利用したいとか、サインインはローカルアカウントで行なう、といった場合には、メールアプリにマイクロソフト系のアカウント情報を追加設定してやる必要があります。

今回はその方法をご紹介します。

スタートは起動画面の「アカウント」ボタンから

Windows 10標準のメールアプリに新しいメールアカウントを追加するには、起動直後の画面の「アカウント」をクリックします。

usage04_01

この操作はMicrosoftアカウントだけではなく、Gmailのアカウントやプロバイダのメールアカウントを設定するときにも同じ手順を使います。

「アカウント」のボタンをクリックすると、右側から「アカウントの管理」の設定ウィンドウがせり出してきますので、こちらの「アカウントの追加」ボタンをクリックします。

usage04_02

Microsoftアカウントの情報を設定

次にメールアカウントの種別を選ぶウィンドウが表示されます。ここでは、「Outlook.com」をクリックします。

usage04_03

マイクロソフト系のWebメール、Outlook.comやHotmail、LiveメールなどのアカウントはすべてこちらでOKです。

次いで追加するMicrosoftアカウントのID(メールアドレス)とパスワードを入力するウィンドウが開きますので、こちらに追加したいアカウントのID情報を入力して「サインイン」ボタンをクリックします。

usage04_04

以上で設定完了

ここまでの操作でMicrosoftアカウントのメールアカウント設定が完了しました。ID情報に間違いがなければ、次のウィンドウが開いて設定は終了です。

usage04_05

以上の設定でメールアプリの起動画面にも追加したアカウントが表示されるようになり、このアカウントからもメールの送受信が行えるようになります。

usage04_06

新規にMicrosoftアカウントを作成して設定を行なう方法

メールアプリの中から新しいマイクロソフトアカウントを作成しつつ、そのメールアカウントの設定を行なうことも可能です。その際には、MicrosoftアカウントのIDとパスワードを入力する画面から、新しいアカウント取得の手続きに流れが分岐します。

次の画面の「作成しましょう!」をクリックします。

usage04_07

すると、新しいMicrosoftアカウント作成に必要な個人情報を入力する画面に切り替わります。この画面で「新しいメールアドレスを取得」をクリックすると、Outlook.comのメールアドレスを取得可能になります。

usage04_17

新しいMicrosoftアカウント取得のための最低限の個人情報を入力し、希望するメールアドレスの頭の部分を入力してやるとそのメールアドレスが利用可能かどうかも自動で確認してくれます。

必要な情報を入力したら「次へ」ボタンをクリックします。

usage04_08

次いで、2段階認証的なセキュリティ情報確認のための電話番号を入力します。電話番号の代わりに別のメールアドレスを登録することも出来ます。

usage04_09

次にメールアプリでの様々な表示の「パーソナライズ」のための情報をマイクロソフト側に送るかどうかと、マイクロソフトからのメールマガジンを受け取るかどうかの設定を行ないます。

usage04_10
「次へ」ボタンクリック後は少し設定のための待ち時間があり、

usage04_11

入力情報などに間違いがなければ、以上で新しく追加したMicrosoftアカウントの設定が完了します。

usage04_12

ただ、新規追加したアカウントは「注意が必要です」の状態になっています。

usage04_13

これを外すためには以下の操作が必要です。

メールアプリの設定画面のアカウントの管理から、新しく追加したメールアカウントを右クリックします。表示されるメニューから「アカウントの修正」を選択します。

usage04_14

すると、そのパソコンのサインインを求められるはずです。ここで使用したパソコンではサインインをPINコードを使って行なう設定にしていますので、PINの入力を求められています。

usage04_15

きちんと正しいサインインを行なうとそのパソコンでの本人確認が終わった形になり、追加したメールアカウントの「注意」の状態が解除されます。

usage04_16

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です