Windows10標準メールアプリにGmailアカウントを設定する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

Windows 10標準のメールアプリにはGmailのアカウントを設定して利用することも可能です。専用の手順が準備されていて設定自体も簡単に行なうことが出来ます。

この記事では、Windows 10標準のメールアプリでGmailを利用する設定をご紹介します。

設定のスタートは起動画面の「アカウント」ボタン

Microsoftアカウントを追加設定するのと同じように、Gmailのアカウントの追加でもアカウントの追加設定は起動画面の「アカウント」のボタンから始めます。

usage05_01

アカウントのボタンをクリックすると、アカウント情報の設定画面がウィンドウ右側からせり出してきます。この中の「アカウントの追加」をクリックします。

usage05_02

Gmailのアカウント情報を設定

次に設定するメールアカウントの種類を選択するウィンドウが表示されますので、ここでは「Google」を選びます。

usage05_03

するとGoogleのサービス側からアカウント情報の入力を求められます。まずはGmailのメールアドレスを入力します。

usage05_04

続いてそのメールアドレスに対応するパスワードを入力します。

usage05_05

Googleのサービスから、Windows 10の標準メールアプリがGmailのアカウントにアクセスして良いかの確認を求めるウィンドウが出ますので、

usage05_06

下にスクロールして問題がなければ「許可」ボタンをクリックします。

usage05_07

設定完了

入力したメールアドレス、パスワードに間違いがなければ、以上で設定は完了です。

usage05_08

元の画面に戻るとアカウントのリストの中にGmailのアカウントも一緒に表示されるようになり、メールアプリからGmail経由でのメールの送受信が行えるようになります。

usage05_09

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です