Windows10標準メールアプリにプロバイダのメールアカウントを設定する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

Windows 10標準のメールアプリには、プロバイダー(ISP)から提供されているインターネットメールのアカウントを設定することも出来ます。

この記事では、その手順をご紹介します。

設定のスタートはアカウントの設定画面から

マイクロソフト系のメールアカウントやGmailのアカウントの設定と同様に、プロバイダーのメールアカウントの設定もアカウントの設定画面から行ないます。

この画面を呼び出すためには、メールアプリの起動画面の「アカウント」ボタンをクリックします。

usage06_01

すると、「アカウント管理」のサブ画面が右側からせり出してきますので、ここで「アカウントの追加」ボタンをクリックします。

usage06_02

アカウントの種類を選択

次に「アカウントの選択」のサブウィンドウが開きますので、「詳細セットアップ」を選択します。

usage06_03

「その他のアカウント」でも基本的な設定は行えますが、「詳細セットアップ」を使って一気に細かなところまで設定してしまう方が楽です。

次に「詳細セットアップ」のサブウィンドウで「インターネット メール」を選択します。

usage06_04

プロバイダーから指定された情報を設定

次に「インターネット メール アカウント」のサブウィンドウが開きますので、こちらにプロバイダーから指定されているメールアカウントの各種情報を入力していきます。

usage06_05

「アカウント名」はメールアプリの画面に表示されるメールアカウントの名称の部分になります。「表示名」はメールを送る際の送信者名になります。

アカウントの種類」はプルダウンメニューになっていて、クリックすると「POP3」と「IMAP4」の選択肢が出ます。

usage06_06

こちらもプロバイダーから指定されている方法を設定します。

下に画面をスクロールして、「メールアドレス」、メール送受信の際のサーバー接続に使う「ユーザー名」「パスワード」を設定します。

usage06_07

さらに下にスクロールしてその他のオプション部分も必要ならば設定します。設定が終わったら「サインイン」ボタンをクリックします。

usage06_08

以上で設定完了

これでプロバイダーのメールアカウントの設定は完了です。

usage06_09

メールアプリの起動画面にプロバイダのメールアカウントが表示されるようになりました。

usage06_10

プロバイダーが迷惑メール対策(OBP25B)を行なっている場合

迷惑メール対策として、今の多くのプロバイダーは送信メールサーバーで使う「ポート番号」を標準のものとは変えている場合が多くなっています。

Outbound Port 25 Blocking」などと呼ばれる措置ですが、この対策が行なわれているプロバイダーでは、送信メールサーバーの設定のところで使う「ポート番号」を変更してやる必要があります。

Windows 10標準のメールアプリでの指定方法は次のようになります。

usage06_11

送信メールサーバー指定のところで、メールサーバーのアドレス(URL)の後ろに「:(コロン)」で区切って使うポート番号を指定します。この例のプロバイダーではポート番号587番を使うことになっています。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です