Windows10のプロダクトキーを確認する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

Windows 10では一度設定したプロダクトキーをOS本体の機能で確認することは出来なくなっています。以前はレジストリにキーの値が書き込まれていたようですが、現在はそのような形でプロダクトキーが保存されることはなくなりました。

このため、サードパーティー製のツールを使ってプロダクトキーを表示する形になります。

この記事では、「NirSoft」というところが作成している「ProduKey」というフリーウェアを使う方法をご紹介します。

NirSoftの該当ページからアプリをダウンロード

NirSoftのホームページのProduKeyのページ(http://www.nirsoft.net/utils/product_cd_key_viewer.html)からアプリをダウンロードします。

当該のページはこちらで、

usage07_01

「Download links are on the bottom of this page」のリンクでダウンロード用リンクにジャンプすることが出来ます。

インストーラーが付属していてWindowsにインストールするタイプもありますが、通常はZIP形式でまとめられたもので十分でしょう。

usage07_02

アプリを含むZIPファイルをダウンロードしたら、適当な方法でこれを展開します。こちらではエクスプローラで該当ファイルの右クリックから展開を行なっています。

usage07_03

ファイルを展開したら、「ProduKey.exe」をダブルクリックして実行します。

usage07_04

するとそのパソコンにインストールされているWindows 10のプロダクトID、プロダクトキーなどが表示されます。

usage07_05

今はプロダクトキーにはインストール時以外はあまり意味がない?

手元に複数台同じエディションのWindows 10パソコンがある方は、Produkeyでプロダクトキーを表示させてみると分かると思いますが、Windows 10では同じOSのエディションでは、どのパソコンも同じプロダクトキーが表示されます。

OSインストール時には、インストール媒体に付属しているプロダクトキーを使ってライセンス認証が行なわれるはずですが、それ以外のシーンでプロダクトキーが認証に用いられることはなくなっています。

Windows 10ではライセンス認証に「デジタルライセンス」という新しい考え方が導入されていて、どちらかというとパソコンのCPUやマザーボード、HDDなどのパーツが認証のキーになるような形になっています。

上記の方法で確認したプロダクトキーを使うシーンはほとんどないと思われます。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です