Windows10をセーフモードで起動するには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

Windowsの動作が不安定になったりした場合に、原因を突き止めるための手段として便利なものの一つが「セーフモード」です。Windowsを最低限の内容で起動して余分な常駐プログラムやドライバーを外すことで、動作が不安定になった原因を突き止めるのに役立ちます。

この記事ではWindows 10でセーフモードでの起動を行なうための手順をご紹介します。

設定画面経由で再起動

まずはパソコンを設定画面を経由して再起動してやります。そのためにはスタートメニューから「設定アプリ」を起動します。

usage08_01

設定アプリからは「更新とセキュリティ」を選択します。

usage08_02

更新とセキュリティ」の画面から「回復」を使用します。

usage08_03

回復」のメニューの中の「今すぐ再起動する」ボタンをクリックします。

usage08_04

これでWindows 10起動時に特別なオプションを指定することが出来るようになります。

起動オプションを選択

パソコンの再起動がかかって少し待ったあと、次のオプション選択の画面が表示されます。こちらの画面では「トラブルシューティング」をクリックします。

usage08_05

トラブルシューティング」の画面からは「詳細オプション」をクリックします。

usage08_06

詳細オプション」の画面では、「スタートアップ設定」を選択します。

usage08_07

スタートアップ設定」の画面に切り替わったら、「再起動」のボタンをクリックします。

usage08_08

もう一度パソコンが再起動され、「スタートアップ設定」のメニューが表示されます。こちらの画面の状態ではマウスやタッチパネル操作には反応しませんので、キーボードからメニューの番号を入力します。

セーフモードでの起動を行なうにはキーボードから「4」を入力します。

usage08_09

Windows 10が起動してログインのパスワードを入力する画面になりますので、パスワードを入力してWindows 10にログインします。

usage08_10

画面の右上、スタートメニューのすぐ上に「セーフモード」の文字があれば、Windows 10はセーフモードで起動していることの証です。

usage08_12

ここから各種調査などを行なうことが出来ます。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です