Windows10でDVDを再生するには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

Windows 10には標準ではDVD再生用のアプリは付属しない仕様となりました。また、Windows 7のHome Premiumエディションなどで利用できたWindows Media Centerの機能も搭載されなくなっています。

このためDVDを視聴するためには、何らかのDVD再生に対応するメディアプレイヤーアプリをインストールする必要があります。

今回はDVD再生に対応するマイクロソフト純正のプレイヤーアプリ、「Windows DVD プレイヤー」をご紹介します。

非常にシンプルなプレイヤー

Windows DVD プレイヤー」はDVD再生のみに特化した、非常にシンプルな機能のプレイヤーです。凝ったことは出来ませんが、DVD再生で操作に迷うことはないと思います。

usage09_02

プレイヤーアプリを起動して、あとは光学ドライブにDVDディスクを挿入すれば自動で再生が始まります。

Windows DVD プレイヤーはスタートメニューのすべてのアプリのリストの中の「W」の一覧の中に起動用のショートカットが登録されています。

usage09_01

通常は1,500円。無償で利用可能なユーザーも

Windows DVD プレイヤーはWindows ストアから購入する「ストア アプリ」と呼ばれるタイプのソフトウェアになっています。通常は1,500円で購入する形になります。

usage09_03

Windows ストアでは「DVD」のキーワードで検索をかけると見つかると思います。

ただ、このWindows DVD プレイヤー、無償で利用できる方がかなりの割合いるはずです。

Windows 7 Home Premiumエディションなど、Windows Media Centerを利用可能なWindowsのエディションからWindows 10にアップグレードされた方は、Windows 10側のWindows Update経由で自動的にインストールが行なわれるアプリになっています。

このアプリが無償提供される期間は一応期間限定とされていますが、今のところ終了時期は未定のようです。

Windows 10にアップグレードを行なわれた方でDVDを再生しようと思う方は、まずはスタートメニューのアプリ一覧の「W」のリストのところを探してみてください。

DVD再生専用でBDは再生不可

多くのDVD再生用アプリと同様に、Windows DVD プレイヤーはDVDの再生だけを行なうことが出来ます。Blu-rayディスク(BD)の再生は出来ませんので、その点は注意が必要です。

より高機能なプレイヤーが必要な方は

Windows DVD プレイヤーは機能的に非常にシンプルなものになっています。

より高機能なプレイヤーソフトが必要な方は、「GOM Player」(http://www.gomplayer.jp)や「VLC メディアプレイヤー」(https://www.videolan.org/vlc/index.ja.html)などを導入する方法もあります。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です