Windows10のIEの場所・既定のブラウザ設定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

Windows 10では完全に新開発のブラウザEdgeが搭載され、こちらがマイクロソフトお勧めのブラウザとなっています。

システムの既定のブラウザとしても最初からEdgeが設定された状態になっていたり、初期状態でタスクバーにピン留めされているのもEdgeだけにされているなど、マイクロソフトはかなり本気で「Edge推し」を進めています。

ですが業務でIEが必要なケースもあるでしょうし、色々な関係からActiveXなどのプラグインが動作する必要がある環境もあると思います。

今回はWindows 10のIEのありかと、IEをより使いやすくするために既定のブラウザを変更する方法を合わせてご紹介します。

Windows 10のスタートメニューの中のIEの場所

Windows 10ではIEも一応スタートメニューに登録されてはいるのですが、ちょっとわかりにくい場所に隠されたような形になっています。

IEのショートカットは「Windows アクセサリ」のフォルダの中にあります。

usage10_01

毎回ここまでスタートメニューをたどるのも面倒ですから、IEを多用する方はIEを「スタート画面」か「タスクバー」に「ピン留め」してしまいましょう。

usage10_02

ピン留めを上手く活用することが、Windows 8.1以降のWindowsと上手くつきあう方法の一つではないかと思います。

ピン留めするとスタート画面は次のようになります。

usage10_03

IEのアイコンがタイルの形でスタート画面(スタートメニュー)に表示されるようになりました。タイルが大きすぎる、と言う場合にはタイルのサイズを「小」に変更すれば、通常のアイコンサイズでの表示になります。

既定のブラウザをIEに変更する

これだけだと何らかのプログラムなどからWebサイトを開こうとした場合には、IEではなくEdgeが開いてしまいます。既定のブラウザはまだEdgeのままだからです。

そういった場合もIEを利用したい場合には、既定のブラウザを変更しておく必要があります。ブラウザだけでなく、既定のアプリの設定方法はWindows 10で変更になっていて、設定アプリを使う必要があります。

手順としては、まず設定アプリの「システム」をクリックします。

usage10_04

システム」の画面の左側のリストに「既定のアプリ」がありますので、これをクリックします。

usage10_05

すると色々な機能の既定のアプリの一覧が出てきますので、下に画面をスクロールして「Web ブラウザー」のところを表示します。

usage10_06

Windows 10の初期状態ではWeb ブラウザの既定のアプリはEdgeになっていると思いますので、これをクリックしてメニューを出します

このメニューで「Internet Explorer」をクリックしてやることで、既定のブラウザをIEに変更することが出来ます。

usage10_07

変更できるとこのような表示になり、これ以降、Webサイトを開こうとしたときにはIEが起動するようになります。

usage10_08

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です