Windows10でPDFファイルを開く方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

どんな機器でも同じフォーマットで文章を閲覧可能なPDF形式。とても便利でファイルサイズも小さく、表示もとてもキレイです。

Windows 10でこのPDFファイルを扱うにはどうしたらよいでしょうか。

今回はWindows 10でPDFファイルを開く方法をご紹介します。

実は何もインストールしなくてもOK

実はWindows 10は何もアプリをインストールしなくてもPDFファイルを開くことが出来ます。ブラウザのEdgeがPDFファイルの表示に対応しているのです。

設定アプリからファイルの種類ごとの既定のアプリを確認すると、以下のようになっています。

usage11_01

実際適当なPDFファイルをダブルクリックすると、Edgeがファイルの内容を表示してくれます。

usage11_02

ただ、EdgeのPDFファイル表示機能はごくごく基本的な表示のみで機能面では不満が残ります。使い勝手の上ではやはり定番中の定番、「Acrobat Reader DC」を導入するのが一番です。

Adobe Acrobat Reader DCを導入してPDFを表示する

Acrobat Reader導入を今回はWebの検索からスタートしてみます。検索のキーワード入力枠に「Acrobat Reader」と入力します。

usage11_03

検索すると、本来の検索結果の上に「広告」のリンクが表示されますが、これらはすべてハズレです。その下、本来の検索結果のトップ「Adobe Acrobat Reader DC インストール」をクリックして、Adobe社のダウンロードページを開きます。

usage11_04

Acrobat Readerのダウンロードページでは、「オプションのプログラム」の下のチェックボックスに一応注意をしてください。既定の状態ではGoogleのブラウザChromeを一緒にダウンロードしてインストールする設定になっています。不要ならばチェックを外しましょう。

usage11_05

ダウンロードは「今すぐインストール」ボタンのクリックで始まります。

ダウンロードを開始すると、EdgeがAcrobat Readerのインストールプログラムを保存するかどうかを確認してきます。標準の場所に保存するのであればそのまま「保存」ボタンをクリックします。この際、インストールプログラムは「ダウンロード」フォルダに格納されます。

usage11_06

別の場所に保存したい場合には「名前をつけて保存」のボタンをクリックします。

ダウンロードが完了すると、次の操作をEdgeが求めてきます。ここではそのままインストールプログラムを「実行」します。

usage11_07

するとAcrobat Reader DCのインストーラーが起動して、プログラムのインストールを行ってくれます。

usage11_08

インストーラーの画面で「Adobe Acrobat Reader DCを起動」のチェックが入っていれば、インストール完了後Acrobat Readerが起動します。

その際、Acrobat ReaderをPDFファイルを開く既定のアプリにする設定を行うかどうか、確認されます。ここでは「はい」を選んで、既定のアプリをAcrobat Readerに変更します。

usage11_09

コントロールパネルの「規定のプログラムを設定する」の画面が開きますので、「Adobe Acrobat Reader DC」をクリックします。

usage11_10

すると選択肢が出ます。ここではAcrobat Readerで開くファイルの種類を確認しつつ設定を行うために「既定でこのプログラムで開く項目を選択する」のほうを使います。

usage11_11

Acrobat Readerで開けるファイルの種類の一覧が表示されます。

Acrobat Readerインストール直後だとPDFファイルはEdgeに紐付けられているはずで、ファイルの種類の前のチェックが外れているはずです。これにチェックを入れて「保存」ボタンをクリックします。

usage11_12

以上でAcrobat Reader DCのインストールと、PDFファイルを開く既定のアプリへの設定が完了しました。このあとは、PDFファイルをダブルクリックすると、Acrobat Reader DCで開かれるようになります。

usage11_13

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です