Windows10で回復ドライブを作成する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

回復ドライブを作成しておくと万が一のトラブルでパソコンが起動できなくなったときに、Windoows 10の再インストールを行うことが出来るようになります。

イメージとしては、Windows 10のインストール媒体を自分で作るような形です。アップグレードでWindows 10化した場合にはインストール媒体がありませんので、最後の手段的な回復ドライブを作っておくと安心感が違ってきます。

ただ、回復ドライブからWindows 10を入れ直したときにはあくまで「再インストール」の扱いですので、色々なデータや設定などはすべて失われて初期状態のWindows 10がインストールされます。この点には注意をしておきましょう。

また、回復ドライブのもう一つの使い途として、システムドライブの「イメージバックアップ」を作った際に、そちらからシステムのリストアを行う場合の起動用媒体の役目も果たしてくれます。

では、このあとでWindows 10での回復ドライブの作成方法をご紹介します。

16GB以上の容量のUSBメモリを準備

作業を始める前に、回復ドライブにするためのUSBメモリを用意しておく必要があります。容量は16GB以上のものが指定されています。

用意したUSBメモリをあらかじめUSBコネクタに挿しておきます。

コントロールパネルからスタート

今時点のWindows 10の大きな弱点の一つですが、設定関連の機能がまだ全部設定アプリ側に移行されていません。一部機能はコントロールパネルから呼び出さなければならないのですが、回復ドライブの作成もその一つです。

今回はスタートメニューから順番にコントロールパネルを呼び出す手順で作業を行ってみます。

コントロールパネルはスタートメニューの「Windows システムツール」のフォルダの中にショートカットが作られています。これをクリックします。

usage12_01

開いたコントロールパネルの中の「システムとセキュリティ」の項目の中の「問題の発見と解決」をクリックします。

usage12_02

続いて「トラブルシューティング」の画面の左下にある「回復」をクリックします。

usage12_03

高度な回復ツール」の画面が開きますので、こちらの「回復ドライブの作成」をクリックします。

usage12_04

回復ドライブアプリの操作

このあとはコントロールパネルを離れ「回復ドライブ」アプリで操作を行います。

最初の画面で、「システムファイルを回復ドライブにバックアップします。」のチェックが入っていることを確認して、「次へ」のボタンをクリックします。

usage12_05

するとパソコンの内部で回復ドライブ用のデータの作成が始まります。ここはしばらく時間がかかりますので、作業の終了を待ちます。

usage12_06

回復ドライブ用のデータが出来上がったら、回復ドライブを作成するUSBメモリを選択する画面になります。

usage12_07

ここではJドライブが目的のUSBメモリですので、こちらを指定します。

上の画面でドライブを選択して「次へ」をクリックすると、指定したドライブに回復ドライブを作成して良いかどうかの確認画面が表示されます。

回復ドライブを作るUSBメモリに何かデータが入っていてもそれはすべて消えてしまいますので、重要なデータは入れないようにします。

問題がなければ「作成」ボタンをクリックします。

usage12_08

最初に指定したUSBメモリがフォーマットされ、続いて指定したUSBメモリへの回復ドライブのデータのコピーが始まります。

usage12_09

ここは使ったUSBメモリと接続したUSBコネクタの種類で所要時間が結構変わります。書き込み性能の良いUSBメモリをUSB3.0などの高速なコネクタに挿した場合には、その分速く回復ドライブが出来上がります。

普及価格帯のあまり書き込み速度の速くないUSBメモリだと、数十分はデータのコピーに時間がかかりますので、ゆっくり待ちましょう。

回復ドライブの作成が完了すると次の画面が表示されますので、「完了」ボタンをクリックして作業を終わらせましょう。

usage12_10

出来上がった回復ドライブのUSBメモリの中身を見てみると、今回は5GB程度しかデータが書き込まれていませんでした。

usage12_11

8GBのUSBメモリでももしかしたら作成は可能かもしれませんが、マイクロソフトでは16GB以上のUSBメモリを指定していますので、ここは素直に従った方が安全だと思います。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です