Windows10のシステムをリカバリーする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

ちょっと言葉遣いがややこしい部分があるのですが、Windows 10のリカバリーという機能は、パソコンにインストールされているWindows 10をそのバージョンの初期状態に戻す機能です。

追加したアプリやドライバーなどはすべて消去され、すっぴんのWindows 10に戻ります。

ただし、大規模アップグレードは適用された状態になりますので、本当の最初のWindows 10に戻るわけではありません。大規模アップグレードをダウンロードしてインストールするにはかなりの時間がかかりますから、そこが省けるのは非常に効率的です。

リカバリーの使いどころは、使っているWindows 10パソコンの動作が不安定になった場合の最後の一手の一つと考えていただければ良いでしょう。

ほぼ完全にまっさらなWindows 10に戻す機能ですので、追加したアプリやドライバーによって動作が不安定になっている場合には、パソコンの安定動作を取り戻せる可能性が高くなります。

以下では、このリカバリーを行うための手順をご紹介していきます。

リカバリーも設定アプリからスタート

Windows 10のリカバリー機能も設定アプリから呼び出す形になります。設定アプリの「更新とセキュリティ」をクリックします。

usage18_01

続いて更新とセキュリティの画面の左側にある機能リストから「回復」をクリックします。

usage18_02

回復の機能から「このPCを初期状態に戻す」を使います。こちらの画面で「開始する」ボタンをクリックします。

usage18_03

背景がグレーアウトしてこちらのウィンドウが開きます。リカバリー機能ではOS本体を初期化しますが、ユーザーデータは残す処理も可能になっています。もちろんすべてのデータを消してしまうことも可能です。

目的に合った処理を選びます。

usage18_04

するとリカバリーの準備が始まります。

usage18_05

準備が完了すると次の表示となりますので「初期状態に戻す」のボタンをクリックして、実際の処理を開始します。

usage18_06

上記の画面の注意書きにあるとおり、ノートパソコンはACアダプタを接続しておきましょう。

リカバリーは処理に時間もかかりますし、かなりバッテリーも食います。途中でバッテリーが空になって電源が落ちてしまうと、OSが完全に壊れてしまってパソコンが起動しなくなる可能性が非常に高いです。

そうなってしまうと、あとはWindows 10のクリーンインストールしか手がなくなります。

リカバリー処理が開始されます。

usage18_07

処理の流れは大規模アップデートと同様

上の画面で準備が100%の表示になるとパソコンは自動的に再起動して、大規模なアップグレードを行うときと同様の処理の流れで処理が進んでいきます。

まず、こちらの画面が出てリカバリーが進んでいきます。

usage18_08

パソコンの性能によって必要な時間は異なりますが、1時間以上はかかるとみておく方が安全です。

リカバリー処理が終わるとロック画面が表示され、

usage18_09

サインインを行うと次の画面が表示されて、リカバリーの最後の処理が行われます。

usage18_10

リカバリー完了後

今回リカバリー処理を動かしたパソコンはWindows 10の通称Anniversary Updateを適用したものでした。

このためリカバリー完了後にWindows 10のバージョンを見てみると、Anniversary Updateのバージョンとなっていて、本当のWindows 10の最初の状態に戻ったわけではないことが分かります。

usage18_11

リカバリー処理実行後のデスクトップには「削除されたアプリ」という名前のHTMLファイルが置かれています。

usage18_12

こちらの中身を確認すると、リカバリー処理で失われたアプリなどが確認できるようになっています。

usage18_13

必要なアプリであれば、こちらを元にリカバリー前の環境を再設定することができます。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です