windows10のBitlocker使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

ノートパソコンやUSBメモリなど大事なデータが入っているものを「持ち運ぶ」という時。

どうしても不安になるのが、大事なデータが見られてしまったらどうしようと心配になりますよね。

大したものでなければよいが、会社のノートパソコンを使っているとか

顧客データが入っているデータやUSBメモリ持っていてそれを無くしてしまったら

大変なことに・・・だけでは済まない。

無くなってしまったものを返してもらうことなんかはさておき、そのデータが悪用されてしまうなんてことにも・・・。

そんな時に役に立つのがこのBitlockerです。

Bitlockerとは

Bitlockerというのは、ハードディスクドライブのデータの保護機能になります。

BitLockerを使うことで、内臓されているハードディスクはもちろんのこと、外付けハードディスクやUSBフラッシュメモリなどのデータを暗号化しデータを盗み出されるといった事から防げるようになります。

データに接続・暗号化を解除するには「回復パスワード」を入力するという作業が必要になりますが、そのひと手間でデータを防げるならやっておくしかないですよね!

もともと「windows vista」というOSで導入されたのが始まりになり、windowsVISTAで導入されて以降もこのBitlockerは改良に改良を重ねどんどん強固なものになり、紛失によるデータの盗難などの脅威に対処できるようになっていきました。

1つ注意していただきたいのは、このBitlockerを使ってデータを暗号化するのは「windows 10 pro」のグレードだけになります。

「windows10 home」ではBitlocker機能が備わっていませんのでご注意してください。

ただし暗号化した外付けハードディスクやUSBフラッシュメモリを ”使用”するのはhomeでも可能です

Bitlockerの使い方

対象のドライブを暗号化する(Bitlockerを有効にする)

1.「スタート」画面を右クリック。メニューから「コントロールパネル」を選択します。

bitloker0

2.「コントロールパネル」画面から「BitLockerドライブ暗号化」を選択します。

bitloker1

3.ここでは、どのドライブでBitlockerを有効にするのかを選択する画面になります。

今回は、持ち運びに便利だが、一番落としてしまうリスクが高いUSBフラッシュメモリを対象にBitLockerを有効にしてみます。

下記の画像の通り、対象のドライブを決めたらそのドライブの右側にある、「Bitlockerを有効にする」の文字をクリックします。

bitloker2

4.次にドライブのロック解除方法を選択する画面が表示されるので、

パスワードを使用してドライブのロックを解除する」にチェックを入れる。

※「スマートカードを使用してドライブのロックを解除する」の選択肢もあるが私自身が

スマートカードを所持していなかったためこちらを試すことはできませんでした。

bitloker3

6.チェックを入れると入力できなかったパスワードの入力枠が有効になるので

こちらに任意の文字でパスワードを入力してください。

※こちらのパスワードは、推測されにくいものを使うようにしましょう。

入力が終わったら「次へ」をクリック。

bitloker4

7.次に「回復キーのバックアップ方法の指定」ですが、

ファイルに保存する」を選択します。

選択したら「次へ」をクリック

データとして持っていくのも怖いという方は「回復キーを印刷する」をオススメします。

※この回復キーというのは、設定したパスワードを忘れた際にBitlockerを解除するために必要になりますので、大切に保管してください。

bitloker5

8.回復キーのファイルの保存先を決めます。

ファイル名は自動的に下記のように決められますが、特に問題なければこの名前のままで

問題ありません。

bitloker6

9.これでBitlockerの暗号化するための準備が整いました。

「次へ」をクリック。

bitloker7

10.この画面では、ドライブを暗号化する範囲の選択というものになります。

今回はUSBフラッシュメモリを暗号化するので、

使用済みの領域のみ暗号化する」を選択しています。

そして「次へ」をクリック。

※もし、Cドライブやほかの使用しているドライブを暗号化する場合は

「ドライブ全体を暗号化する」を選択するようにしましょう。

bitloker8

11.「使用する暗号化モードを選ぶ」画面です。

ここでは「互換モード」を選択しましょう。

説明が載っていますが、互換モードにしないと、アップデートしていないwindows10のパソコンや、それ以前のバージョンのOS。例えばwindows7やwindows8などでは使用できませんので注意してください。

bitloker9

12.最後に「暗号化の開始」をクリックします。

bitloker10

13.暗号化が開始されるのでしばらく待ちましょう。

対象のドライブの容量などによってこの暗号化の時間が異なります。

bitloker11

bitloker12

14.暗号化が完了すると、下記の通り、「Bitlockerga有効です」という表示に変わります。

bitloker13

Bitlockerを解除して使うには

Bitlockerが有効になっているドライブ、今回はUSBフラッシュメモリを実際に別のパソコンで使おうとしてみるとこのようなアイコンが表示される。

これはカギがかかっている状態、つまり暗号化されている状態になる。

bitloker14

このBitlockerを解除するためには、先ほど手順6で設定したパスワードを入力する。

bitloker15

パスワードを忘れてしまった場合

パスワードを忘れてしまった場合は、Bitlockerを有効にしたさいに

保存しておいた、回復キーを使用します。

※この回復キーがないと解除はできなくなりますのでご注意してください

「その他のオプション」をクリックする。

bitloker17

bitloker18

回復キー用意し、ファイルを開きます。

bitloker21

下記の赤枠にて、②のキーを入力します。コピペすると間違えません。

※①は対象のドライブに設定したものであるか確認するためのIDになります。

メモ帳に書かれている①の「8C7BA・・・」というIDが

下記の(キーID:8C7B6AC8)と一致していることを確認しておきましょう。

bitloker20

これでロック解除となります。

Bitlockerで回復キーを毎回入力するのが面倒な時

これは私自身が実験した結果わかったことですが、

この回復キーの毎回入力を省く設定を行う時に

注意していただきたいのが、「このPC自動的にロックを解除する」を

行うパソコンがWindows10 proではなく

Homeの場合はつまりBitlockerを設定できないグレードを使用しているPCでは絶対に行わないでください。

なぜかというと、この自動的にロックを解除する設定を行ってしまうと

次回から自動的にロック解除されてしまうのでBitlockerの意味がなくなってしまうからです。

なので、使用が終わったら「自動的にロックを解除する」を無効化しないといけなくなります。

そして無効化設定することができるのはwindows10proなどの上位グレードのものだけになりますので、Home等のbitlocker機能が備わっていないグレーでは行わないようにしましょう。

ロックを解除する画面にて、「その他のオプション」をクリックし、

「このPCで自動的にロックを解除する」にチェックを入れます。

そしてパスワードを入力すれば、次回からUSBフラッシュメモリなどのドライブを接続しなおしても自動的にロック解除されるようになります。

bitloker19

自動ロック解除を無効化する方法

※Bitlockerの使い方の手順3の設定画面までいきます。

そしてその画面にて「自動ロック解除の無効化」の文字をクリックします。

bitloker22

クリックすると、、「自動ロック解除の有効化」に変わります。

これで自動ロックが解除された状態となります。

bitloker23

まとめ

いかがでしたでしょうか。

windowsに装備されている機能ですので是非有効活用しましょう。

大切なデータを守るのは自分の責任です。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です