家庭向けのOffice365 soloを導入してみよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

office365の家庭用向け「Office365 solo」が1ヶ月無料でお試しできるので試してみました。

使ってみて実際に便利になったと思えたらそのまま購入することもできるので皆さんも是非お試ししてみてください。

office365 soloを1ヶ月無料で試してみる

気になった方はまずは1ヶ月無料で試用できますので試してみることから始めてください。

そして使い勝手が良ければそのまま継続してお使いいただくこともできます。

1ヶ月無料で試すための手順をご紹介します。

※office365を試すには、登録の際に支払い情報の入力をしないと

いけませんので注意してください。

office365soloをインストールする

1.office365soloのページへ行きます。下記のURLから行けます。

https://products.office.com/ja-jp/try

1.下記のサイトから「1ヶ月間、無料で試用いただけます」という枠を

クリックします。

office2

2.Microsoftアカウントでサインインをします。

office3

3.下記のURLから作成ページを開いてください。

アカウント作成ページ

4.普段使用されているメールアドレス、そしてパスワード(任意の文字)を入力します。

そして「次へ」をクリックします。

office4

5.名前を入力します。そして「次へ」をクリックします。

office5

6.先ほど入力したメールアドレス当てにメールが送信されます。

もし届かない場合は、メールの再送信をしてください。

office6

7.送信されてきたメールを開きます。

そして青枠をクリックします。

office7

8.これでアカウントの登録は完了します。

office9

9.次に「支払い情報」の入力画面が表示されるので、必要事項を入力します。

office10

10.支払い情報の確認をし、間違っていなければ、「購入」をクリックします。

office11

11.購入完了画面が表示されますので「続行」をクリック。

office14

12.個人用officeアカウント画面に切り替わります。

次にofficeのインストールを行いますので下記画面の通り

「インストール」をクリックします。

office15

13.この画面でも「インストール」をクリック。

office16

14.ファイルのダウンロードが始まります。

次に「実行」をクリックします。

office17

15.officeのインストールが始まるのでしばらく待ちます。

office18

16.インストールが完了したら下記の画面が表示されるので、

「閉じる」をクリックします。

これでパソコンにofficeがインストールされました。

office19

Officeを使用する

officeがインストールされたら実際に起動してみましょう。

1.「スタート」クリックし、例えばExcelの場合は

このように表示されているので、クリックします。

office20

2.Excelを起動するとこのような画面が表示されます。

オンラインのテンプレートがいろいろと用意されていますのでいろいろ使ってみてください。

今回はまっさらの「空白のブック」をクリックします。

office21

3.こちらが作業画面になります。

office22

更新しないで解約する方法(自動更新を無効にする)

1ヶ月間の無料期間が終わると自動的にクレジットカード等から支払いが始まってしまいますので、もしofficeが必要ないと思った方は、忘れないうちに解約手続きしておきましょう。

1.下記のURLからOfficeホームページを開きます。

そして「サインイン」をクリックします。

https://products.office.com/ja-jp/office-365-solo?lc=1033

office23

2.サインインのページに切り替わるので登録した

メールアドレス、パスワードをそれぞれ入力し「Sign in」をクリック。

※なぜか英語表記のサイトになりますが気にしないで進めてください。

office24

3.サインインしたあとに開くページで

下記のアイコンをクリックし、「マイアカウント」をクリック

office25

office26

4.個人用officeアカウントの画面に切り替わります。

ここで「アカウントの管理」をクリックします。

office27

5.「自動更新をオフにする」の文字をクリックします。

office28

6.「取り消しの確認」をクリックします。

office29

7.これで自動更新が無効になります。

次に「サブスクリプションに戻る」をクリックします。

office30

8.ここで先ほどと表示が変わり「自動更新をオンにする」になっていることを確認し

作業完了です。

office31

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です