Windows 10標準搭載のブラウザ、Edgeの基本的な使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

Windows 10からはマイクロソフト製の全く新しいブラウザ「Edge」が搭載されるようになりました。Windows 10の標準状態では、既定のブラウザもEdgeになっています。

EdgeはIEがサポートしてきたマイクロソフト独自仕様のいくつかの機能を省いた形の、Web標準に則ったブラウザです。このためActiveXやSilver Lightなどいくつかの機能がEdgeでは利用できなくなっています。

マイクロソフトが「レガシー」としたこれらの機能のサポートのためWindows 10にはIE11も搭載されていますが、標準の状態ではかなりわかりにくいところに「隠されて」いるような状態になっています。

EdgeではWeb標準技術への準拠率は向上していて、IEだけページの表示が崩れる、といったWeb開発者の悩みの種も減少しているはずです。また、ChromeやFirefoxで実現されている拡張機能などが利用可能になります。

このページではWindows 10の標準ブラウザ扱いとなっている、Edgeの基本的な使い方をご紹介します。

ブラウザの基本操作

標準の設定の状態のEdgeを起動すると、検索用のフォームとMSNニュースのトップ記事を表示するタブが1つ開いた状態の画面で起動します。

usage24_01

この画面で、ブラウザの一般的な操作の「進む」「戻る」「リロード」を行うボタン群は画面左上に集まっています。

また、そのさらに上のタブ周辺に「タブの追加」[タブを閉じる」ボタンがあります。

usage24_02

Webページを開くとアドレスバーも表示されますが、ポインターを重ねると初めてURL入力用のフォームが表示されるようになっています。

usage24_26

ブックマーク(お気に入り)関連の操作

Edgeでブックマーク登録用のボタンは、アドレスバーの後ろにある星形のアイコンのボタンです。

usage24_03

こちらをクリックすると、表示されているページを登録するためのサブウィンドウが表示されます。

usage24_04

Edgeではブックマークの他に「リーディングリスト」という枠にWebページを登録することも出来ます。

登録したブックマークはアドレスバーの後ろにある、長さの違う3本の線形のアイコンを持つボタンで表示できます。

usage24_05

ブックマークのリストはEdgeのウィンドウの右側からせり出してくる形で表示され、目的のページを開くと閉じてしまいます。サイドバーメニューのような形で、ブックマーク一覧を表示しっぱなしにする機能は今のところないようです。

上のブックマーク一覧の画像に「新しいフォルダ」というコマンドを含むメニューが表示されていますが、これはブックマーク一覧を右クリックすると表示されます。ブックマークのリストにフォルダを作って登録したブックマークの整理を行うことが出来ます。

また、ブックマークの並べ替えも行えます

どちらの操作も、登録したブックマークをドラッグアンドドロップすればOKです。

usage24_06

「test」というフォルダを作ってその中にYahoo!のブックマークを入れると、こんな感じになります。

usage24_07

ブックマーク関連の設定を変えるにはブックマークが表示されている状態で、「お気に入り」の文字の並び右側にある「設定」のボタンをクリックします。

usage24_08

お気に入りの設定のサブウィンドウが右側からせり出しますので、ここで設定を行います。

他のブラウザからブックマークを取り込むには、「お気に入りのインポート」の下にある「インポート」のボタンをクリックします。

usage24_09

また、Chromeのブックマークバーのような「お気に入りバー」を表示することも出来ます。表示するには次の画面の「お気に入りバーを表示する」のスイッチをONにします。

usage24_10

お気に入りバーは、各種操作ボタン、アドレスバーの下に表示されます。

usage24_11

ブックマークの一覧の中の「お気に入りバー」フォルダに登録したブックマークがお気に入りバーに表示されます。

ブックマークのリストを表示するボタンからは、リーディングリストを呼び出したり、

usage24_12

Edgeで表示したページの履歴情報を確認したりすることが出来ます。もちろん、過去に表示したページを履歴の一覧から開き直すことも出来ます。

usage24_13

さらにEdgeでダウンロードしたファイルの一覧も確認可能です。

usage24_14

共有機能

EdgeではWebページを見ながらの作業のコラボレートをサポートする機能が搭載されています。この章ではその機能を見ていきます。

Webノート

Edgeに搭載された情報の共有機能の一つが「Webノート」機能です

Webノートはアドレスバーの後ろ側、右から3つめのボタンをクリックすると起動します。

usage24_15

その時表示している画面に手書きなどのメモ、マーカーをつけて、OneDriveに保存したり、いくつかの手段を使ってその画面の共有を行うことが出来ます。

usage24_16

共有

Web画面ではなくWebページのアドレスを、メモと一緒に共有する機能もあります。こちらはWebノートボタンの右横のボタンを使います。

usage24_23

クリックすると、Windows 10側のアクションセンターが動き、右側から共有関連の選択画面がせり出してきます。

例えばOneNoteでの共有を選ぶと、アクションセンター内でOneNoteが起動して、Webページのメモを取ることが出来るようになっています。

usage24_24

ここで取ったメモは、もちろんOneNoteアプリから参照・更新することが可能になります。

usage24_25

OneNoteの情報はマイクロソフトのクラウド(≒OneDrive)に保存されますので、同じMicrosoftアカウントを利用していてインターネットに接続している端末ならば、どの端末からでも同じ情報を共有して利用することが出来ます。

設定関連

Edgeの設定はウィンドウ右肩の「・・・」型アイコンのボタンで呼び出した機能メニューから「設定」を選択します。

usage24_27

「設定」の機能一覧がこちらのメニューになります。

usage24_17

閲覧データ(キャッシュ)のクリアでは、より詳細にクリアするアイテムを選択できます。

usage24_18

「デバイスの同期設定」をクリックすると、設定アプリが起動して同じMicrosoftアカウントを利用する端末間で共有する情報の設定が行えます。

usage24_19

Webのサービスで利用するIDやパスワードの情報も、設定次第ではクラウド経由で同期されます。プライバシー情報に気をつけている方は、そのあたりの共有設定を良くチェックしておく方が良いでしょう。

詳細設定には、さらにこれだけのたくさんの設定内容があります。

usage24_20

既定ではBingになっている検索エンジンを変更することなども可能です。

拡張機能

EdgeではChromeなどのモダンなブラウザと同様に、拡張機能を導入してブラウザの機能を向上させることが出来ます。

拡張機能関連のメニューを呼び出す場合には、ウィンドウ右肩の「・・・」アイコンのボタンで表示されるメニューから「拡張機能」を選択します。

usage24_27

拡張機能のメニューはこんな感じです。この例では1つだけしか拡張機能が登録されていませんので、非常にシンプルな表示です。

拡張機能を追加するときには、「ストアから拡張機能を取得する」をクリックします。

usage24_21

すると、Windows ストアのアプリが起動しますので、こちらから追加したい拡張機能を選択します。(2016年夏リリースのAnniversary UpdateからEdgeの拡張機能もWindows ストアからインストールするようになりました)

usage24_22

例で使ったEdgeに導入されているOffice Onlineの拡張機能の場合、Edgeが簡易的にOfficeソフトのように動作するようになります。

Word文書を開くとこんな感じです。

usage24_28

機能的にはOutlook.comやOneDriveから利用できるOffice Onlineそのものの機能ですが、こちらでは直接パソコンのローカルなハードディスクに格納されているファイルも開くことが出来ます。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です