windows10でコントロールパネルを開き方まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

windows10ではwindows7とは異なり、コントロールパネルの場所が複雑になっています。

なので初めてwindows10を触った方は、コントロールパネルが見つからず細かい設定が

できなくて困ってしまっているなんてことも起きてしまいます。

今回はこのコントロールパネルについて開き方やデスクトップにアイコンを表示させる等の

設定方法をまとめてみました。

コントロールパネルの開き方その1

1.デスクトップ画面の「スタート」アイコンを右クリックします。

control1

2.メニューから「コントロールパネル」をクリック。

これで終わりです。

この方法が一番簡単で覚えやすいですよね。

ですがwindows10で不具合等でこのスタートボタンを右クリックしても

反応しないという方もいますので、そういう方は次の方法での開き方を試してみてください。

コントロールパネルの開き方その2

1.「スタート」をクリックします。

control2

2.表示されたメニューの右側にはプログラムの一覧が表示されています。

このスクロールバーを下げていき、「W」の項目にある「Windowsシステムツール」をクリックします。

control3

3.展開された中に「コントロールパネル」があるのでクリック。

これで作業終了です。

control4

コントロールパネルをスタートメニューに表示させる

1.「コントロールパネルの開き方その2」の手順3のメニューにコントロールパネルを表示させた際に、コントロールパネルの項目を右クリックします。

control8

2.「メニュー」から「スタート画面にピン留めする」をクリックします。

これでスタートメニューにアイコンが作成されます。

control9

コントロールパネルをデスクトップに表示させる

こちらも先ほどご説明した「コントロールパネルの開き方その2」の続きになりますが、

1.「スタート」からプログラム一覧で「Windowsシステムツール」を展開

「コントロールパネル」を見つけたところで

「コントロールパネル」の項目を「右クリック」します。

そこでメニューが表示されるので「その他」→「ファイルの場所を開く」をクリックします。

control5

2.「Windowsシステムツール」フォルダが開きます。

ここで「コントロールパネル」を右クリックします。

control6

「メニュー」から「送る」→「デスクトップ(ショートカットを作成)」をクリック。

これでデスクトップ画面にコントロールアイコンが作成されます。

control7

コントロールパネルの開き方からアイコンの作成までご紹介しました。

これだけの方法を知っていればまず困ることありません。

操作が難しい!って方でもまずは「コントロールパネルの開き方その1」を

覚えてみてください。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です