Windows 10 Creators Updateに盛り込まれる新機能

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

Windows 10の次期大規模アップグレードとして、かねてより噂の出ていたRS2、Red Stone 2とも言われる物件の詳細が、先日のマイクロソフトのWindows 10関連イベントで公開されました。

2017年春先に配信開始と言われるこの新アップグレード、またまた今回も新機能満載の更新内容となる模様です。

今回は、Creators Updateに盛り込まれる注目の新機能をご紹介します。

3D機能を大々的にフィーチャー

Windows 10 Creators Updateでは3D機能がクローズアップされます。

今のパソコンは統合型GPUを使っているマシンでも、かなり高度な三次元のオブジェクトを扱える能力を備えています。ですが、それを一般ユーザーが自由に扱えるソフトウェア的な環境が整っているとは言いがたい状況でした。

その部分にマイクロソフト自らがナタを入れるようです。

Windows標準のアプリの中では最古参とも言えるペイントに3D機能を統合し「Paint 3D」として生まれ変わらせるところが、その意図を最も端的に表すものと言ってもいいかもしれません。

usage26_01

Paint 3Dでは、取り込んだ3Dのオブジェクトと2Dの画像を、奥行きなどを調整しつつ合成して画像を作る機能や、普通に2D風に描画を行うと自動的に奥行きを持った3Dのオブジェクトを生成してくれるブラシなどが追加されます。

結果、かなり本格的な3D対応のお絵かきツールとして生まれ変わっています。

また、現在既に3Dのモデリングデータをネットで配信している「SketchUp」と協業し、Paint 3Dに3Dのオブジェクトを取り込める仕組みも実装されます。

Officeソフトもそれぞれ3D対応を果たし、やはりSketchUpから3Dのデータを取り込んで扱えるようになります。

usage26_04

さらに、スマートフォンなどのごく普通のカメラで現実社会の立体をぐるりと1周周りから撮影するだけで、その物体の3次元データを作り出す3Dスキャナ機能も実現されます。

前述のイベントでは、HPのハイエンドWindows 10スマホのElite x3を使ったデモが行われました。

カメラはRealSenceのような奥行き情報を認識可能なちょっと特殊なカメラを「必要としない」ところが、技術的には凄いところです。

この技術がWindows系以外のスマートフォンには公開されないのだとしたら、簡易な3DスキャナとしてWindows 10 Mobile端末のニーズが生まれるかもしれませんね。

これらCreators Updateのイメージを盛り込んだ公式動画がこちらです。このページの画像は、すべてこちらの動画に示されたものです。

一見、夢物語ですが、中に出てくる技術的な内容は、ほぼすべてWindows 10上で実現されているものである、というのがまた凄みのある部分ではないでしょうか。

最後のMR(Mixed Reality)的な表現は既にマイクロソフト製HMDのHoloLensで実現されているもので、その中核技術はCreator UpdateですべてのWindows 10に導入される予定です。

より多くの人がHoloLensの世界を体験可能に

マイクロソフト自らが設計・製造・販売を手がけるHoloLensは、MR向けのHMD(Head Mount Display)として、極めて画期的な機能を実現しています。

未だ、開発者向けの意味が強いものの、JALグループなど、既に実用化を始めている企業もあります。

HoloLensの問題はその価格の高価さです。HMD本体の中にWindows 10で動くパソコンの機能一式と、各種情報処理のためのセンサー群などを搭載しているため、大量生産されていないことも相まって1つ約3,000ドルもします。

ですが、HoloLensの中核技術が普通のWindows 10パソコンにも導入されることで、大幅に価格を下げたMR向けHMDの発売も予定されています。

HP、DELL、Lenovo、ASUS、Acerの5社が開発を行っており、最もお手頃な価格の製品は299ドルでの発売が予定されているようです。

また、MSの公式動画を見る限り、カメラを搭載したタブレット型のWindows 10パソコンでもMRを実現できるようです。

usage26_02

凄いことが実現できそうなことが分かっていても、多くの人がなかなか手を出せなかったHoloLensの世界の間口が大きく広がることになりそうです。

コミュニケーションのための新UI

マイクロソフトの調査では、高い頻度でコンタクトを取る相手の数は多くの場合かなり限定される、という結果が出たそうです。

恐らくこの調査を反映する形で、コミュニケーションのための新UIが実装されます。Creators Updateでは、他の人とのコンタクトのためのアイコンを「タスクバー上に設置」出来るようになります。

そういった設定を行った相手とは、ファイル送信の際には対象のファイルをタスクバー上の相手のアイコンの上にドラッグアンドドロップだけでOK、ということになります。

usage26_03

実際のファイル送信やコンタクトの手段は、Skypeやメールアプリなど、この新UIに対応しているアプリであればサードパーティー製のものでも自由に設定、カスタマイズが出来るようです。

設置場所がタスクバー上ですので設置可能なコンタクト数は限られますが、その特定の数のユーザーに関しては、コミュニケーションの形態が大幅に変わる可能性を秘めた新UIになると思います。

上手く化ければ、この新UIがCreators Updateの目玉になるかもしれません。

提供時期は2017年頭?

Creators Updateの提供時期の予定は、MSの公式ブログによると「early 2017」となっていて、2017年春先ごろと予想されます。

これに合わせてプレビュー版の方には先行して近々Creators Updateの機能が公開される予定になっています。

プレビュー版の公開から正式版リリースまでの期間はかなり短く、今のWindows 10の開発体制ならではのスピード感と言えるかもしれません。

ただ、前回の大規模アップグレードのAnniversary Updateでは、それなりの数の大きめの不具合も報告されることになりましたので、できる限り安定した品質でのリリースも期待したいところです。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です