Windows10で仮想ディスクを作成する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

低価格の2in1パソコンやタブレットパソコンなどでは、内蔵されているSSDなどのストレージの容量がぎりぎりまでシェイプアップされている機種があります。

低価格で販売するためにどうしようもない部分なのですが、そういったパソコンではアプリやデータをCドライブにいれ続けると、Windows 10の大規模アップグレードの際などに空き容量が足りなくて困る、といった事態に陥ることもあります。

これを防ぐためにも、マイクロSDカードスロットなどが有る場合には容量の大きなカードを挿入して、アプリのインストールやデータの保存先をそちらに逃がすのが対策として有効です。

データは通常のSDカードとしての認識のままでもSDカード側に保存することが出来ますが、特にデスクトップアプリのインストールはSDカードのままの認識では行えないケースがあります。

今回はその対処のために、SDカード上に仮想ディスクを作る手順をご紹介します。

仮想ディスクを作ってWindows 10にマウントすれば、ほぼ完全に通常のハードディスクなどと同じように利用することが出来ます。

SDカード上に仮想ディスクの領域を作る

まず最初にSDカード上に仮想ディスクの領域を確保する操作を行うことが必要です。このためには「ディスクの管理」アプリを使用します。

今回はスタートボタンを右クリックまたは、「Windowsキー+Xキー」の同時押しで表示されるメニューから起動してみましょう。

usage29_01

「ディスクの管理」アプリでは、SDカードのディスクを指定したあと(この画面ではディスク1 リムーバブルとなっているもの)、操作メニューから「VHDの作成」を選択します。

usage29_02

すると「仮想ハード ディスクの作成と接続」のサブウィンドウが開きますので、こちらで仮想ディスクの「ファイル名」と「容量」を指定します。

Dドライブとして認識されているSDカード上に今回は「test.vhd」という名前で作成します。容量は10GBにしてみます。

usage29_03

OKボタンをクリックすると仮想ディスクの作成が始まります。この処理には数分程度時間がかかります。

usage29_04

仮想ディスクが出来上がると、ディスクの管理アプリから新しいディスクとして見えるようになります。このケースでは「ディスク2」が新しく追加になりました。

領域割り当てとフォーマット

仮想ディスクが出来上がりましたが、Windowsの扱い上は「フォーマットされていないハードディスク」と同じ扱いになっています。このため、領域を割り当ててフォーマットを行わないと、Windowsから利用できるようになりません。

まずは、ディスクの初期化を行います。

この例では「ディスク2」と書かれた部分を右クリックしてメニューを出し「ディスクの初期化」を行います。この処理は一瞬で終わります。

usage29_05

次に「10.00GB 未割り当て」と書かれたところを右クリックしてメニューを出し、今度は「新しいシンプルボリューム」というコマンドを選びます。

usage29_06

すると「新しいシンプル ボリューム ウィザード」が起動します。

usage29_07

あとはウィザードの指示に従って、基本的には「次へ」ボタンをクリックするだけで処理が先に進みます

usage29_08

割り当てた仮想ディスクの中でパーティションを複数作りたい場合には、この画面でサイズを調整すると良いでしょう。

次に割り当てるドライブレターを指定しますが、通常は既定のままでOKでしょう。

usage29_09

そして、最後にフォーマットの指定を行います。

usage29_10

以上で設定が完了です。設定内容の確認画面が出ますので、問題がなければ「完了」ボタンをクリックします。

usage29_11

以上で仮想ディスクが作成され、Windowsから利用できるようになりました。

usage29_12

usage29_13

再起動後には「マウント」操作が必要

仮想ディスクを使う上での注意点としては、Windowsを再起動するとマウントが外れてしまい、そのままではWindowsが仮想ディスクを認識しなくなってしまうところです。

自動で再マウントを行う機能はないようで、次回起動時にはユーザーが手動でマウント操作を行う必要があります。

再起動後、SDカードの中身を見てみると、仮想ディスク作成の際につけた名前のファイルがあるはずです。そちらを右クリックして表示されるメニューから「マウント」を指定すると、Windowsから利用できる形になります。

usage29_14

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です