Windows Inkワークスペースの定規や付箋の使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

Windows 10のAnniversary UpdateでWindows Inkワークスペースの機能が追加されました。手書き入力によるいくつかの機能を呼び出すためのベースになる機能です。

本来Windows Inkが目指しているところから見ると、今時点で実現されている内容はかなり限定的なものだと思います。ですが、その範囲内でもなかなかおもしろいことができるようになっています。

この記事ではWindows Inkワークスペースの使い方を説明していきます。

Windows Inkワークスペースの呼び出し方

タッチパネルを搭載しているWindows 10パソコンでは、Anniversary Updateを適用するとタスクバーにWindows Inkワークスペース呼び出し用のボタンが追加になります。

usage31_01

タッチ操作に対応しないパソコンではデフォルト状態ではこのボタンが表示されませんが、タスクバーを右クリックしたメニューからボタンの追加が可能です。

usage31_02

逆にタッチパネル搭載PCで、このボタンを消す設定も出来ます。

Windows Inkワークスペースを呼び出すとこんな形の画面が開きます。

usage31_03

基本機能としては付箋スケッチパッド画面スケッチの3つがあります。

付箋を使う

Windows Inkワークスペースから呼び出す付箋と、スタートメニューに登録されているSticky Notesというアプリは同じものです。呼び出し手順などが異なるだけで、全く同じ機能を持っています。

Windows Inkワークスペースから付箋を呼び出すとこんな画面になります。

usage31_04

スタイラスペンが使えるパソコンならば、スタイラスペンでなぞったときだけ手書き入力が出来ます。ここでも筆圧検知に対応しています。

usage31_05

タッチパネル搭載PCでも、指でなぞっての手書き入力は行えない仕様のようです。

一度手書きの書き込みを行った付箋には、今時点では文字の入力が行えません。

usage31_06

文字の入力を行った付箋には、

usage31_07

逆に手書きでの書き込みが行えなくなっているようです。

usage31_08

付箋の右肩にあるボミ箱のアイコンのボタンで、その付箋の削除が行えます。

usage31_09

「・・・」のアイコンのボタンで付箋の色が選べます。

usage31_10

スケッチパッドの使い方

スケッチパッドは作画途中のデータが自動保存される機能限定版のペイント、と言ったイメージのアプリです。

ボールペンと言う機能での書き込みが行えますが、ボールペンなのになぜか筆圧検知で線の太さが変わります

usage31_11

ペンの色と太さを選択可能です。

usage31_12

ただ、色の方はあらかじめセットされているものしか使えません。

鉛筆も使えます。こちらは描いた線が少しかすれるようなイメージですね。

usage31_13

鉛筆ももちろん色と太さが選べます。

usage31_14

蛍光ペン、マーカーも使えます。

usage31_15

こちらも色の選択が出来るようになっています。

usage31_16

消しゴム機能はちょっと特徴的で、Windows Inkでは1筆で書き込んだフリーハンドの線は「一つの図形」として記憶されています。このため、消しゴム機能では、1筆で書き込んだ分が丸ごといっぺんに消えます。

usage31_17

消しゴムのボタンを長押ししたり右クリックしたりすると、すべての書き込みを消す機能も使えるようになっています。

usage31_18

今のWindows Inkの目玉機能の一つがこれ、「定規」でしょうか。この機能を使うことでフリーハンドでもキッチリと直線が描けます。

usage31_19

2本指タッチやマウスのスクロールホイールで自由に回転させることも出来ます。

usage31_20

タッチによる手書き」という切り替えボタンがありますが、タッチパネルを指で操作するときには、こちらがONになっていないと書き込みが出来ません。

usage31_21

スタイラスペンでは、このボタンがONかOFFかにかかわらず、直接手書き入力が出来ます

一度行った操作を元に戻す(Undo)機能や、

usage31_22

取り消した操作を適用し直す(Redo)機能も備えています。

usage31_23

トリミング機能を使うと、

usage31_24

キャンバスの一部を切り取ることが出来ます。

usage31_25

ごみ箱ボタンは書き込みをすべて消去する機能です。

usage31_26

フロッピーディスクのアイコンは、書き込んだ内容を自分のパソコンに保存する機能です。

usage31_27

クリックすると保存先の指定画面が開きます。

usage31_28

コピーはキャンバスの内容をクリップボードにコピーします。

usage31_29

ペイントに貼り付けてみると、このような感じになります。

usage31_30

共有ボタンからは、書き込みの内容を色々な手段で他のユーザーなどに送る・共有することが出来ます。

usage31_31

このような感じで共有先を指定する画面が右側からせり出してきます。

usage31_32

共有機能の具体的な内容は、次の節でご紹介します。

画面スケッチの使い方

画面スケッチ呼び出したときのデスクトップ画面を取り込んで、そこにスケッチパッドで使えるペンなどを使って様々な書き込みが行える機能です。

usage31_33

EdgeのWebノートとよく似た機能と考えると分かりやすいでしょう。

色々なペンを使ってこのように書き込みが行えます。

usage31_34

その他の機能はスケッチパッドのものと全く同じですので、使い方はスケッチパッドの節をご覧ください。

この機能もスケッチパッドのものと全く同じですが、共有ボタンを使うとこのような画面になります。

usage31_35

共有の手段を選択しますが、ここでは電子メールで画面スケッチの内容を送信してみましょう。「メール」をクリックします。

するとアクションセンターの中でWindows 10標準のメールアプリが立ち上がるような形になり、送信先などを入力することで画面スケッチの内容をメールで送付することが出来ます。

usage31_36

受け取り側にはこのような形で、画面スケッチの内容が画像として届きます。

usage31_37

スポンサーリンク

 

 

スクリーンショット-2017-02-01-5.15.34-1

keishiのプロフィール
早稲田大学社会科学部卒業/27歳
就職もせずにぷらぷらしていた25歳の時にWebを活用したビジネスの可能性に気づき、特にパソコンが得意だった訳ではないが0からサイト作りやアフィリエイトを学ぶ。
参入後1年で月収200万円2年目に月収1700万円を達成し自由な生活を送っている。現在は法人企業向けの経営指導やマーケティングコンサルにも力を入れている。
>>>詳しいプロフィールを漫画で読む<<<

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です