Edgeで拡張機能をインストール・利用する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

Windows 10では標準ブラウザ的な扱いになっている新ブラウザのEdge、モダンなブラウザらしく、ChromeやFirefoxなどのように拡張機能のモジュールを追加することで、いくつかの機能を増やすことが出来ます。

この記事ではEdgeに拡張機能を導入する方法をご紹介します。

Windows ストアから拡張機能をインストール

初期のEdgeでは拡張機能のモジュールは、Edge単独でインストールを行う形になっていました。

今はそのあたりの手順が変更になり、Edge側から拡張機能のインストールの手続きを行うと、Windows ストアアプリが起動してそちらからのインストールの形になります。

ただ、実際に拡張機能を導入するときには、最初はEdge側からスタートするのが楽でしょう。

まずは、ウィンドウ右肩にある「・・・」アイコンのボタンから、オプションメニューを表示して「拡張機能」を選択します。

usage34_01

すると拡張機能に関するメニューに表示が切り替わり、現在インストール済みの拡張機能とWindows ストアへの誘導のリンクが表示されます。

「ストアから拡張機能を取得する」をクリックします。

usage34_02

ストアのアプリが起動して、Edgeの拡張機能を検索した状態の画面が開きます。

ここから必要な拡張機能を探すことになりますが、Edgeの拡張機能モジュールはまだまだ数が少なく、本当に必要なものが見つからない可能性もあるかもしれません。

この記事では「OneNote Web Clipper」を導入してみます。

usage34_03

この拡張機能は無償で利用可能です。「インストール」のボタンをクリックします。

usage34_04

同じMicrosoftアカウントでサインインしている他のPCにこの機能をインストールしているため、インストールボタンの上の表示が「この製品を所有しています。」になっています。

インストールが無事完了すると「インストール」ボタンが「起動」ボタンに切り替わります。これをクリックします。

usage34_05

するとフォーカスがEdge側に切り替わり、新しい拡張機能(ここではOneNote Web Clipper)の有効化を行うメニューが表示されます。

そのまま「有効にする」ボタンをクリックします。

usage34_06

以上でOneNote Web Clipperが利用可能になりました。

usage34_07

Edgeの拡張機能、OneNote Web Clipperの使い方の例

OneNoteは機能的にはEverNoteのマイクロソフト版、といったイメージのアプリ+サービスと考えてもらえば良いと思います。

色々な書き込みやWebからクリップした情報などをクラウドストレージのOneDrive上に保存して、同じMicrosoftアカウントを利用する複数のパソコンやスマートフォンから参照・更新が出来る仕組みです。

ほぼフル機能版のOneNoteをWindows 10パソコンであれば無償で利用可能です。

OneNote Web ClipperはEdgeで表示しているWebページの情報を、OneNoteに「クリップ」するための拡張機能です。

OneNote Web Clipperがインストールできたことのウェルカムページを、試しに「クリップ」してみます。

そのためにはEdgeのオプションのメニューからOneNoteのアイコンのボタンをクリックします。

usage34_08

最初の一回はMicrosoftアカウントでのサインインを求められます。

usage34_09

サインインすると、3パターンでクリップを作れることが分かります。

usage34_10

ここではページ全体をOneOnteに保存してみます。

usage34_11

ちなみに、記事の本文、ページ全体の他に、ブックマークとしての保存も可能です。

usage34_12

「クリップ」ボタンをクリックすると、ページの内容がOneNote形式で保存されます。

usage34_13

OneDrive上にあるOneNoteのノートブックを開いてみると、先ほどのOneNoteインストール完了のWebページが丸ごと保存されていることが分かります。

usage34_14

実際の拡張機能の使い方は、もちろんそれぞれの拡張機能によって異なります。

機能の起動が必要な形の機能では、OneNote Web Clipperと同じように、オプションのメニューから起動してやる形になるはずです。

 

 

スクリーンショット-2017-02-01-5.15.34-1

keishiのプロフィール
早稲田大学社会科学部卒業/27歳
就職もせずにぷらぷらしていた25歳の時にWebを活用したビジネスの可能性に気づき、特にパソコンが得意だった訳ではないが0からサイト作りやアフィリエイトを学ぶ。
参入後1年で月収200万円2年目に月収1700万円を達成し自由な生活を送っている。現在は法人企業向けの経営指導やマーケティングコンサルにも力を入れている。
>>>詳しいプロフィールを漫画で読む<<<

 

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です