Windows 10で付箋(Sticky Notes)を使う方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

Windows 10にも付箋アプリが標準で搭載されています。

ただ、大規模アップデートのAnniversary Updateでスタートメニューに登録されるアプリの名称が変わりました

「付箋」で探して「あれ?付箋アプリどこ行った??」となった方もいらっしゃるかもしれません。今は、付箋ではなく「Sticky Notes」の名前でスタートメニューに登録されています。

今回はWindows 10での付箋アプリことStickyNotesの使い方を説明します。

付箋(Sticky Notes)アプリの場所、起動方法

まずは付箋アプリの最初の起動方法です。

スタートメニューの「S」のリストから「Sticky Notes」を選択するのが一つ目の方法です。

usage35_01

Sticky Notesは手書き入力にも対応した関係からか、Windows Inkのワークスペースにも含まれる形となりました。ですので、Windows Inkワークスペースからの起動も可能です。

usage35_02

こちらでの名称は「付箋」のままになっていますね。

付箋の機能・各種設定

Sticky Notesは外見や使い勝手こそ付箋アプリとよく似ていますが、どうも中身は完全に新規に再作成されたアプリとなっているようです。

機能や使い勝手、見た目の一部が異なります。

付箋の色を変える

Stick Notesでも貼り付けた付箋の台紙の色を変えることが出来ます。その際には、「・・・」のアイコンのボタンをクリックします。

usage35_03

こちらの色から選択が出来ます。

usage35_04

色の変え方は付箋アプリから変更になっています。

付箋のフォントの修飾

付箋アプリ同様に文字の修飾が可能です。

usage35_05

下線は、修飾を行いたい文字を選んだ状態で「Ctrlキー+U」を入力します。

イタリックは、同様の手順で「Ctrlキー+I」

太字は「Ctrlキー+B」

取り消し線はSticky Notesで加えられた新しい修飾ですが、キーコンビネーションは「Ctrlキー+T」になります。

元々の付箋アプリにあった箇条書き(「Ctrlキー+L」)、文字サイズの変更(「Ctrlキー+>、Ctrlキー+<」)は現時点のSticky Notesでは省略されているようです。

また、画像や表の貼り付けも出来なくなっています。

今後の機能追加を期待したいところです。

付箋の追加

付箋の追加は付箋のウィンドウの左肩にある「+」ボタンを使います。

usage35_06

付箋の削除

付箋の削除には右肩のごみ箱アイコンのボタンを使います。

usage35_07

付箋に書き込みがない場合には何の確認もなく直接その付箋が消えますが、何らかの書き込みが既に行われている付箋では、次のような確認が行われます。

usage35_08

手書き入力

Windows Inkの機能説明の記事でも触れましたが、タッチペンが使える端末では付箋にも手書きの書き込みが出来ます。

usage35_09

付箋の内容の保存

付箋に書き込んだ内容は自動保存されますので、ユーザーがセーブ操作を行う必要はありません。

また、1枚でも付箋がデスクトップに貼られた状態になっていると、パソコンの再起動を行った後には付箋アプリが自動起動して、再起動前の付箋の状態が再現されるようになっています。

メモ書き、リマインダー、簡単なToDo管理など、とても便利に使えるアプリですので、是非活用してみてください。

日本語入力に関するちょっとした相違点

Stick Notesは日本語入力に関しては、付箋の台紙ごとに別のアプリのような扱いになっているようです。

ある付箋で日本語の入力中でも別の付箋にはその状態が引き継がれません。付箋の台紙ごとに文字入力のモードをコントロールする必要があります。

スポンサーリンク

 

 

スクリーンショット-2017-02-01-5.15.34-1

keishiのプロフィール
早稲田大学社会科学部卒業/27歳
就職もせずにぷらぷらしていた25歳の時にWebを活用したビジネスの可能性に気づき、特にパソコンが得意だった訳ではないが0からサイト作りやアフィリエイトを学ぶ。
参入後1年で月収200万円2年目に月収1700万円を達成し自由な生活を送っている。現在は法人企業向けの経営指導やマーケティングコンサルにも力を入れている。
>>>詳しいプロフィールを漫画で読む<<<

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です