Windows 10でパソコンのIPアドレスを確認・設定変更する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

ネットワークに接続するパソコンには必ず「IPアドレス」が割り当てられます。

「アドレス」の名の通り、IPアドレスをネットワーク上での住所のように利用して通信相手を決める仕組みになっています。数字という点では、郵便番号、と考えた方が分かりやすいかもしれませんね。

通常はルーターが自動的にLANの中のIPアドレスを割り振ってくれて、通常の使用の範囲ではその値を確認する必要があるケースはありません。

ですが、一部の利用のパターンではIPアドレスの確認する必要があったり、ルーターからIPアドレスを割り振ってもらうのではなく、常に同じIPアドレスを割り当てる必要がある使い方もあります。

この記事では、Windows 10パソコンでIPアドレスを確認する方法と、固定の方法を説明します。

IPアドレスの確認方法

その他のWindowsの使い方と一緒で、IPアドレスも複数のやり方で確認ができます。まずはマウス操作のみで(≒GUIで)確認できる方法を説明します。

タスクバーの右端の方にある、ネットワークまたはWi-Fiのアイコンを右クリックします。

usage36_01

この例では無線LANでネットワーク接続しているノートパソコンを使っていますので、Wi-Fiのアイコンを使っています。

表示されたメニューから「ネットワークと共有センターを開く」を選択します。

すると「ネットワークと共有センター」のウィンドウが開きます。こちらの画面から
アダプターの設定の変更」の部分をクリックします。

usage36_02

ネットワーク接続」のウィンドウが開きますので、こちらでは今接続に使っているネットワークの接続手段を右クリックします。ここでは「Wi-Fi」になります。

usage36_03

右クリックで表示されたメニューからは「状態」を選びます。

usage36_04

すると今度は「Wi-Fiの状態」というウィンドウが開きます。こちらから「詳細」のボタンをクリックします。

usage36_05

ネットワーク接続の詳細」というウィンドウが開きますので、その表示された項目の中の「IPv4 アドレス」の後ろの数字がそのパソコンに割り当てられたIPアドレスです。

usage36_06

こちらはネットワークが「IPv4」という仕組みで構築されている場合の値です。一般的な家庭内LANではこちらの値で大丈夫です。

IPアドレス固定の設定変更を行うには

例えば、Windowsパソコンを24時間動かしっぱなしにしてWebサーバー機能を動かし、外部にホームページを公開する、などと言ったことをやりたい場合には、IPアドレスを固定した方がいろいろと都合が良くなります。

インターネット側からサーバーにアクセスするときには、ルーターがまず通信を受け取りますが、それをLANの中のどのパソコンに送れば良いかルーターが知っておかないといけません。

その仕組みを使うときには、サーバーにするパソコンのIPアドレスが固定されている方が便利なのです。

何らかの条件でパソコンを再起動してIPアドレスが変わってしまったら、そのたびにルーターの設定を変えてやる必要が出てしまいますので。

IPアドレスを固定する必要があるケースは多くはないと思いますが、でも特定のサービスのためには必須となる設定でもあります。

以下でこの方法を説明します。

IPアドレス確認の際にも使った「Wi-Fiの状態」のウィンドウで今度は「プロパティ」のボタンをクリックします。

usage36_07

Wi-Fi-のプロパティ」のウィンドウが開きますので、こちらから「インターネット プロトコル バージョン4(TCP/IPv4)」を選択して、ここでも「プロパティ」のボタンをクリックします。

usage36_08

次に「インターネット プロトコル バージョン4(TCP/IPv4)のプロパティ」の画面が開きます。Windows 10をインストールした状態のままだと、「IPアドレスを自動的に取得する」にチェックが入っていると思います。

usage36_09

このラジオボタンで「次のIPアドレスを使う」側にチェックを入れて、必要な値を設定していきます。

usage36_10

「IPアドレス」の項目には、使いたいアドレスの値を入れます。

一般的な家庭用ルーターだと、「192.168.0.~」または「192.168.1.~」と言う形の番号の形式を使っていると思います。

この最後の「~」の部分に1~255の間の数字を指定します。通常はルーターが1番を使っていると思いますので、その数字は外しましょう。

また、他のパソコンとこの数字がぶつかると不都合が出ますので、そちらも回避します。

「サブネットマスク」は通常は「255.255.255.0」でOK。LANの特別な設定を行っているときだけその設定に従った特殊な値を入れる必要があります。

「デフォルトゲートウェイ」は通常はルーターのIPアドレスを指定します。

また、「IPアドレスを自動的に取得する」設定だとインターネットのIPアドレスを解決してくれる「DNSサーバー」のアドレスを自動設定してくれるのですが、IPアドレスを手動設定・固定する場合には、これも自分で入力する必要があります。

この例で使っているルーターにはDNSサーバーの代行機能がありますので、ルーターのIPアドレスを設定しています。プロバイダーから指定されているDNSサーバーのIPアドレスを指定してもかまいません。

代替DNSサーバーの欄は入力しなくても設定を完了できます。

この5カ所を設定して「OK」ボタンをクリックすると、IPアドレスの固定ができます。この際、パソコンの再起動は必要ありません。

IPアドレスの競合と自動取得について

前の節でちょっと触れましたが、IPアドレスが重なるとネットワークの通信に不具合が生じます。

WindowsやルーターなどはIPアドレスの数字だけで通信相手を決めていますので、IPアドレスが重なると通信相手が複数あるような変な状態になってしまい、色々な通信がうまく行えなくなります。

IPアドレスをルーターが自動で割り振る機能を使っているパソコンと、IPアドレスを手動で設定するパソコンとの間のアドレスの被りが発生しがちですので、その確認はよく行っておきましょう。

このIPアドレスを自動的に割り振る機能を「DHCPサーバ」機能と呼びます。

基本的には、ルーター側の設定でIPアドレスを自動的に割り振る数字の範囲が決まっています。IPアドレスを固定する場合には、この範囲以外の数字を使うようにするのが確実です。

IPアドレスを固定する必要が出た時にはちょっと面倒ですが、ルーターのマニュアルなどを確認しておきましょう。

IPアドレスの確認方法などのコマンド操作

IPアドレスは別の方法でも確認が可能です。

文字でWindowsに指示を出す「コマンド」を使うやり方に抵抗がない方は、恐らくこちらの方が手早くIPアドレスの確認が可能です。

コマンドプロンプト」というWindows標準のアプリから、IPアドレスをコマンドで確認する方法を紹介します。

コマンドプロンプトはスタートボタンを右クリックまたは、WindowsキーとXキーの同時押しで表示されるメニューにショートカットがあります。

usage36_11

こちらを使うと、こんな感じのかなり地味な文字ばかりが表示されるウィンドウが出ます。

こちらの「C:\User\ユーザー名>」のあとに、「ipconfig」と文字を打ち込んでEnterキーを入力します。

usage36_12

「IPv4 アドレス」の後ろの数字がIPアドレスで、上で固定を行った値になっていることが分かります。

次のWindows 10の大規模アップデートでは、スタートメニューを右クリックして表示されるメニューから、標準設定ではコマンドプロンプトが消えて「PowerShell」になるとされています。

こちらを使っても同じ「ipconfig」コマンドが使えます。

usage36_14

 

 

スクリーンショット-2017-02-01-5.15.34-1

keishiのプロフィール
早稲田大学社会科学部卒業/27歳
就職もせずにぷらぷらしていた25歳の時にWebを活用したビジネスの可能性に気づき、特にパソコンが得意だった訳ではないが0からサイト作りやアフィリエイトを学ぶ。
参入後1年で月収200万円2年目に月収1700万円を達成し自由な生活を送っている。現在は法人企業向けの経営指導やマーケティングコンサルにも力を入れている。
>>>詳しいプロフィールを漫画で読む<<<

 

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です