Windows 10のアカウント追加とアカウント種類の設定方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

Windows 10の通常のセットアップ手順では、必ず最初にサインインするためのユーザーアカウントが何らかの形で作成されます。

同じパソコンを別のユーザーが使う場合など、最初に設定したアカウント以外のユーザーアカウントを設定したいケースもあります。

こういった場合のアカウントの追加方法と、アカウントの種類の設定方法を説明します。

Microsoftアカウントを使う場合

Windows 10へのサインインにMicrosoftアカウントを使うケースから説明します。

OneDriveなど、マイクロソフトの提供するクラウドのサービスを利用する場合には、こちらの方法を使う方がのちのちの設定がちょっと楽になります。

Windows 10にアカウントを追加する場合には、通常は設定アプリから始めます。設定アプリホーム画面の「アカウント」をクリックします。

usage37_01

次にアカウントのページで左に並ぶ機能の一覧から「家族とその他のユーザー」をクリックします。

usage37_02

家族とその他のユーザーの画面に切り替わったら「その他のユーザーをこのPCに追加」のボタンをクリックします。

usage37_03

すると次のウィンドウがポップアップします。

usage37_04

こちらの「メール アドレスまたは電話番号」のフィールドにMicrosoftアカウントのID(メールアドレス)を入力して「次へ」ボタンをクリックします。

usage37_05

以上でMicrosoftアカウントを使用するアカウントの設定が出来ました。

usage37_06

設定アプリ側でも追加したアカウントが確認できます。

usage37_07

ローカルアカウントを使う場合

Microsoftアカウントを使わずに、そのパソコンだけのアカウント(ローカルアカウント)を利用する場合には以下の手順を使います。

スタート地点はMicrosoftアカウントを使う場合と一緒です。設定アプリのアカウントのページから家族とその他のユーザーの画面を開きます。

その画面で「その他のユーザーをこのPCに追加」のボタンを使います。

usage37_08

次にポップアップしたウィンドウでは、下側にある「このユーザーのサインイン情報がありません」をクリックします。

usage37_09

ウィンドウが切り替わって「アカウントを作成しましょう」というタイトルの画面が表示されます。

こちらから新しいMicrosoftアカウントを作成しながらそのアカウントを使う設定も出来ますが、ローカルアカウントを使う場合にはその下の「Microsoftアカウントを持たないユーザーを追加する」のところをクリックします。

usage37_10

「このPC用のアカウントの作成」というタイトルの画面で、アカウントのIDパスワードを2回パスワードのヒントの4つを入力します。

usage37_11

「次へ」ボタンをクリックするとローカルアカウントが作成されます。

設定アプリから追加されたローカルアカウントが確認できます。

usage37_12

管理者アカウントの設定方法

Windows 10セットアップ時に作成したアカウントはアカウントの種類が「管理者」になり、Windows 10の各種設定などで一般ユーザーには不可能な操作もできるようになっています。

複数の人で同じパソコンを共有する場合には、理想的にはあとから追加するユーザーの種類は「管理者」にはしないほうが色々な面で安全性が高まります

うっかりミスで動作が不安定になってしまったり、ウィルスやマルウェアを持ち込んでしまう危険性を下げやすくなります。

ただその分、他ユーザーの出来ることに制限が生じます。

こういったことが不都合になったりする場合など、パソコンの運用のポリシーとの兼ね合いにはなりますが、追加したユーザーを「管理者」にする必要があるケースもあると思います。

そういった場合には、以下の手順で設定が可能です。

設定アプリのアカウントのページから家族とその他のユーザーを選択します。

こちらの画面に表示されているアカウントをクリックします。

usage37_13

すると「アカウントの種類の変更」と「削除」のボタンが表示されますので、「アカウントの種類の変更」のほうをクリックします。

usage37_14

「アカウントの種類の変更」というタイトルのウィンドウが開きますので、こちらで「アカウントの種類」の下をクリックします。

usage37_15

プルダウンメニューが表示されますので、こちらから「管理者」を選択して「OK」ボタンをクリックします。

usage37_16

この操作で、アカウントの種類を管理者に変更できました。

usage37_17

アカウント追加をコマンドで行う方法

Windows 10を含むWindows系のOSでは、コマンドプロンプトなどから文字のコマンドを使って非常に数多くの設定を行うことができます。

もちろんこのやりかたでアカウントの追加も可能です。

ただ、コマンドを使う方法ではローカルアカウントの追加になります。Microsoftアカウントでサインインするアカウントの追加は出来ません。

こちらの方法を使う場合には、まず、コマンドプロンプト(またはPowerShell)を管理者権限で起動します。

スタートボタンを右クリックして表示されるメニューを使用するのが楽でしょう。

usage37_18

表示されたコマンドプロンプトの画面に「net user ユーザー名 /add」と入力してEnterキーを押します。

usage37_19

これでローカルアカウントの登録が行えます。

net user」だけ入力してEnterキーを押すと、登録済みのアカウントの一覧が見られます。

usage37_20

また、設定アプリ側からも今追加した「test01」のアカウントがあることが分かります。

usage37_21

この手順でアカウントの追加を行なった場合、「パスワード無し」のアカウントが出来上がります。セキュリティ上問題のない使い方をするケースであればこちらでも大丈夫ですが、通常はパスワード付きのアカウントを用意した方が良いでしょう。

この際に使うコマンドは「net user ユーザー名 パスワード /add」になります。

usage37_22

こちらのやり方で登録したアカウントならば、サインの際にきちんとパスワードの入力を求められるようになり、セキュリティ上の安心感が高まります。

usage37_23

 

 

スクリーンショット-2017-02-01-5.15.34-1

keishiのプロフィール
早稲田大学社会科学部卒業/27歳
就職もせずにぷらぷらしていた25歳の時にWebを活用したビジネスの可能性に気づき、特にパソコンが得意だった訳ではないが0からサイト作りやアフィリエイトを学ぶ。
参入後1年で月収200万円2年目に月収1700万円を達成し自由な生活を送っている。現在は法人企業向けの経営指導やマーケティングコンサルにも力を入れている。
>>>詳しいプロフィールを漫画で読む<<<

 

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です