windows10でオススメ「EaseUS Todo Backup」の使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

パソコンをフル活用して色々なデータを入れておく場合に、忘れがちですがとても重要なのが「バックアップ」です。

ちょっと懐かしいマーフィーの法則的なものとして、「パソコンのハードディスクはバックアップしていないときに限って壊れる」、なんてジンクスも生まれるぐらいです。

OSを入れているシステムドライブ(Cドライブ)なんかは、壊れても比較的簡単に修復ができます。アプリケーションソフトもそうですね。手間はかかりますが入れ直せばいいだけのお話ですので。

ですが、ユーザーそれぞれが作ったデータは一度失われると二度と取り戻せない物も存在するでしょう。ですので、バックアップを取ることがとても重要になってきます。

今回はWindows用のバックアップソフトで、無償でも利用可能でかつ、非常に高機能なソフト「EaseUS Todo Backup」の使い方をまとめます。

こちらのサイトは下記のリンクからいけます。

http://jp.easeus.com/backup-software/free.html

ディスク/パーティションバックアップ

まずWindowsから見て一つのドライブに見えるものをまとめてバックアップする機能です。

EaseUS ToDo Backupのフリー版を起動するとタイトルを表示するスプラッシュスクリーンが出たあと、こちらのホーム画面が表示されます。

usage39_01

このバックアップを行なう場合には、上に並ぶ機能ボタンの中の左端「ディスク/パーティション」バックアップを選びます。

usage39_02

するとバックアップを取るディスク/パーティション(=ドライブ)を選択するウィンドウが開きます。

usage39_03

こちらでバックアップしたいドライブを選択して、あとは「実行」ボタンをクリックするだけですぐにバックアップが行えます。

usage39_04

バックアップ実行中はホーム画面に戻って、進捗状況が表示されます。

usage39_05

バックアップが完了すると、Todo Backupが利用するバックアップデータを保存する領域にこのような独自形式のファイルが出来上がります。

usage39_06

Todo Backupは可能であればデータの圧縮を行なって、バックアップデータのサイズの縮小も図ってくれます。

ファイルバックアップ

もう少し細かい単位で、ファイルやフォルダを指定してバックアップを行うこともできます。

そのためにはホーム画面から「ファイルバックアップ」を選びます。

usage39_10

するとファイルバックアップの指定を行なうウィンドウが開きます。

usage39_11

通常は既定でいくつかのバックアップ対象フォルダが指定された状態になっています(ドキュメントフォルダなど)。これらのバックアップが不要ならばチェックを外す必要があります。

フォルダやファイルの指定は、エクスプローラーのような部分からバックアップの対象にしたいファイルやフォルダを選択してチェックを入れていきます。

usage39_12

そのあと「実行」ボタンのクリックで、すぐにバックアップを実行してくれます。

こちらもホーム画面で進捗状況を確認できます。

usage39_13

バックアップのスケジューリング

EaseUS Todo Backupではその場で即バックアップを行なうだけではなく、バックアップを取るタイミングのスケジュールを決めて、指定したタイミングに自動でバックアップの処理を行なってくれる機能があります。

その機能呼び出すにはファイルバックアップの例だと、ファイルバックアップのウィンドウの左下にある「スケジュール設定」のボタンを使います。

usage39_14

このボタンの位置や設定方法は他のバックアップ手順でも同じものが使えるようになっています。

スケジュール設定のボタンをクリックすると「バックアップの方法」というウィンドウが開きます。こちらからバックアップのスケジュール設定が行えます。

バックアップを一度だけ行なう「ワンタイムバックアップ」、こちらでもそのタイミングのスケジュールが指定できます

usage39_15

毎日指定した時間にバックアップを行なうもの。

usage39_16

特定の曜日に毎週バックアップを行なう指定。

usage39_17

毎月特定の日にバックアップを行なう指定などが行えるようになっています。

usage39_18

こちらは有償版のみ利用可能な機能ですが、Windowsの何らかのイベントに同期してバックアップを走らせる機能もあります。

usage39_19

バックアップ方式の指定

バックアップの取り方にはいくつかの方式がありますが、Todo Backupでも3つの方法が選択できます。

usage39_30

毎回全てのファイルをバックアップするのが「完全バックアップ

一度完全バックアップを取ったあと、その後は直前のバックアップ内容と比較を行なって変更のあった部分のみをバックアップする「増分バックアップ

バックアップのたびに最初に行なった完全バックアップと比較を行なって、変化している部分をバックアップする「差分バックアップの3種類です。

完全バックアップがバックアップからデータを戻すのが一番簡単ですが、毎回対象全てを保存するため、バックアップするデータの量が非常に膨らみやすくなります。

増分バックアップはバックアップデータの量は一番少なくなりますが、バックアップからデータを戻す際に全部のバックアップの内容をたどる必要がありますので、処理に時間がかかります。

差分バックアップは両者の中間的な性格ですが、完全バックアップを取ってから更新が重なると、バックアップデータの量がどんどん膨らんでいきます。

バックアップしたいデータの性格や、バックアップデータの保存先の空き容量などとも相談して、どの方式を取るかを選択しましょう。

バックアップのオプション指定

バックアップを取る際のいくつかのより詳細な設定を行なうには「バックアップオプション」のボタンをクリックします。

usage39_20

バックアップオプションのウィンドウでは、バックアップしたデータの圧縮に関する設定や、

usage39_21

バックアップにパスワードをかける設定

usage39_22

Windows上でどれぐらいの実行優先度でバックアップ処理を行なうかの設定、

usage39_23

バックアップが終了したらメールで通知を行なう設定も行えますが、こちらも有償版限定の機能です。

usage39_24

バックアップを行なう前、行なったあとにWindowsのコマンドを発行する機能もあります。うまく使いこなすと、より細やかな設定でバックアップを取ることも出来ます。

こちらも有償版限定の機能です。

usage39_25

外部のサーバーなどにネットワーク越しにバックアップデータを送ることもできます。こちらも有償版のみで使える機能です。

usage39_26

また、バックアップの対象から外すファイルを指定することも出来ます。こちらの機能もフリー版では使えません

usage39_27

バックアップデータの保存に関する設定もあります。こちらは「イメージの保存設定」のボタンから呼び出します。

usage39_28

バックアップデータの保存期間などの指定が可能です。

usage39_29

完全バックアップで履歴を残すときに、ある一定期間以上古いデータを消したいときなどには、便利に利用できるでしょう。

システムバックアップ

Windowsのインストールされているドライブのバックアップを簡単に行ないたい時には「システムバックアップ」が使えます。

usage39_40

こちらの機能ではWindowsがインストールされているドライブを自動的に認識してくれますので、あとは実行ボタンをクリックするだけでバックアップが出来るようになっています。

usage39_41

スマートバックアップ

こちらはEaseUS Todo Backup自体がバックアップしておいた方が良いフォルダなどを、決め打ちでバックアップしてくれる機能です。

usage39_50

より細かな指定なども可能ですが、そこまでするとファイルバックアップなどと動作内容が同じような物になると思います。

通常は「おまかせ」でこの画面から「実行」ボタンをクリックでバックアップを行なうことになるでしょう。

usage39_51

メールバックアップ

この機能は有償版限定の機能です。

usage39_60

ホーム画面の「メールバックアップ」のボタンをクリックすると、有償版購入ページへの誘導のウィンドウが表示されます。

usage39_61

クローン

EaseUS Todo Backupを有名にしたのが恐らくはこの機能です。Windowsの稼働中にドライブ丸ごとの「クローン」を作ることが出来ます。

WindowsをインストールしてあるCドライブもクローン出来ますので、システムの引っ越しが極めて簡単にできるようになります。

今は、Windowsをインストールしてあるドライブのクローンは「システムクローン」として、独立した別の機能になっています。

こちらの機能ではデータを入れているドライブのコピーを作ります。

usage39_70

クローンの機能では、クローン元のドライブとクローン先のドライブを指定するだけで動作するようになっています。

クローン元のドライブが「ソース」、クローン先が「ターゲット」です。

usage39_71

クローン先に選んだドライブは中身が完全に上書きされますので、必ず未使用または、中身が上書きされても問題のないドライブを使いましょう。

クローン先指定の際には、当然のことではありますが、間違えて重要なドライブを上書きすることがないよう注意しましょう。

また、クローン元のドライブの容量がクローン先よりも大きい場合には、うまくクローン処理が動かないことがあります。その点もきちんと容量などを考えて使う必要があります。

システムクローン

Windowsをインストールしてあるドライブの内容を、Windows稼働中に複製できる極めて強力な機能です。

HDDから高速なSSDにシステムを引っ越したいとか、より大容量のディスクにシステムを引っ越ししたいといったときには、ものすごく便利に活用できる機能です。

usage39_80

こちらは通常は、Windowsをインストールしてあるドライブが自動的に選択済みの形になって、クローン先のドライブだけ指定すればいいようになっています。

usage39_81

こちらの機能を使ってシステムドライブのクローンを作ったら、あとは物理的にディスクを差し替えてパソコンを再起動するだけで、基本的なディスク間のOS引っ越し作業は完了します。

素晴らしく楽が出来る機能です。

また、システムが壊れてしまうことに備えて通常利用する環境が一通り揃った状態のシステムドライブのクローンを作っておくと、万が一の事故の際の復旧がとても早くなります。

その他の設定など

ツールのボタンからその他の細かな設定などが行えます。

usage39_90

この中で特に重要と思われるのは「ブータブルディスクの作成」です。

usage39_91

システムドライブがクラッシュしてOSが起動しなくなってしまったときに、作成したブータブルディスクを使って緊急用のOSを起動し、そちらからシステムの修復を行なうのに利用します。

緊急用のOSを使って、ホンモノのOSをバックアップから復元するわけです。

EaseUS Todo Backupでは、Windows PELinuxベースの緊急起動用のディスクの作成が可能になっています。

usage39_92

あとは、バックアップのログなどの確認も可能です。

usage39_93

また、使っていたハードディスクを廃棄するときに、中身のデータを完全消去するためのツールも使えるようになっています。

usage39_94

普通のやり方でファイルを削除しても、開放できる領域に「削除しました」という「マークが付くだけ」ですので、実際にはその開放した領域が再利用されて他のデータで上書きされるまで、データ自体はハードディスクにそのまま残っているのです。

ですので、使い方によっては不正にデータが復元されて盗み見される危険性もあります。こういった事故を防ぐのがこの機能です。

バックアップデータを保存するフォルダの変更も可能ですが、ちょっと別の場所から指定します。最初の起動時にその場所を設定するようになっていますが、あとから変更するときなどにはこちらを使いましょう。

タイトルバーの右から4つめの小さなボタンをクリックします。

usage39_95

表示されるプルダウンメニューから「設定」を選択します。

usage39_96

こちらからバックアップ先などが指定可能です。

usage39_97

 

 

スクリーンショット-2017-02-01-5.15.34-1

keishiのプロフィール
早稲田大学社会科学部卒業/27歳
就職もせずにぷらぷらしていた25歳の時にWebを活用したビジネスの可能性に気づき、特にパソコンが得意だった訳ではないが0からサイト作りやアフィリエイトを学ぶ。
参入後1年で月収200万円2年目に月収1700万円を達成し自由な生活を送っている。現在は法人企業向けの経営指導やマーケティングコンサルにも力を入れている。
>>>詳しいプロフィールを漫画で読む<<<

 

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です