EaseUS Partition Master Free版の使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

EaseUSのPartition Masterは「超」を付けても良いレベルの高機能ディスク管理アプリケーションソフトです。

このソフトが出来ることを一言で述べてしまうと、Windows標準の「ディスクの管理」アプリの機能を思いっきり拡張したもの、ということになります。

基本的にはHDDやSSDをフォーマットした際に出来上がる「パーティション」の各種操作を、1本のソフトでほとんど全て賄うことが出来るようなタイプのソフトウェアです。

機能面から同社のバックアップソフトである、ToDo Backupとの相性も非常に高いソフトになっています。

ちなみに現在のバージョンでは、メニューやメッセージなどは完全に日本語化されていて、その部分で利用につまづくことはまずないでしょう。安心して利用いただけると思います。

この記事ではEaseUS Partition Master Free版の使い方を説明していきます。

起動

スタートメニューなどからEaseUS Partition Masterを起動すると直接アプリ本体が起動せず、まずはEaseUS製の各種アプリのランチャーにあたるウィンドウが起動します。

usage40_01

Partition Masterを使う場合には、一番目立つ場所に表示されている「プログラムを起動」のボタンをクリックします。

起動直後の状態から出来ること

EaseUS Partition Masterは、ディスクやパーティションなど何を選択しているかで、左側に表示される機能メニューの内容がアダプティブに変わるタイプのアプリです。

起動直後の状態だと画面はこのような感じになります。

usage40_02

GPT形式でフォーマットしたハードディスクの、システムが管理に利用する領域が選択された状態の機能メニューだと思います。

こちらの機能メニューの「OSをSSD/HDDに移行」は有償版にのみ搭載された機能で、Free版では利用できません。機能的にはToDo Backupのシステムクローンに近い機能だと思います。

ボタンをクリックするとライセンス認証というウィンドウが開き、Free版とPro版の機能の差分が表示されます。

usage40_03

データ除去」のボタンをクリックすると、ハードディスクを廃棄するときなどにセキュリティを確保するための、データの完全消去機能が起動します。

usage40_04

パーディション復元」ボタンでは、何らかの理由で壊れてしまったパーティションの修正を行なうためのウィザードが起動します。

usage40_05

プロパティを見る」のボタンでは、選択されている領域の各種情報を参照することが出来ます。

usage40_06

SSD向け機能など、ディスクの選択状態で出来ること

ディスク(矢印部分)を選択した状態ではメニューがディスク用のものに切り替わります。

usage40_07

ディスクをコピー」のボタンをクリックするとディスクの内容を丸ごとコピーする「ディスククローンウィザード」が起動します。

usage40_08

GPTをMBRに変換」ボタンをクリックすると、今のWindowsでサポートされているハードディスクの2つのフォーマット方式の間の変換を行ないます。

usage40_09

GPT形式の方が新しい方式で、64bitのWindows 10のシステムドライブは基本的にGPT形式でフォーマットされます。新しい高速起動方法の「UEFIブート」にはGPT形式のフォーマットが必要です。

その代わりGPT形式でフォーマットしたディスクは、古いWindowsなどでは読み込むことが出来なくなります。こういった互換のための機能と考えると良いでしょう。

画像に表示されているようにGPTからMBRへの変換を選択した場合、その機能は即実行されることはなく、一度「保留中の操作」のリストの中に記録されます。

その後、画面上の方にあるチェックマークのボタンをクリックすることで初めて、保留中の操作が実行されるようなインタフェースになっています。

基本的にEaseUS Partition Masterでは、ディスクやパーティションに何らかの変更を加える操作は必ずこのような2段階の操作を行なう作りです。

これは、ディスクやパーティションの操作が、場合によってはそこに存在するデータを破壊する可能性があるためです。誤った操作でデータが失われる危険性を少しでも減らすための操作のポリシーです。

4Kアライメント」ボタンは主にSSD向けの機能です。

ディスクのパーティションのスタート位置が、ディスクの最初の記録可能な場所から4096バイトの整数倍になるよう配置を行ない直すための機能です。

usage40_10

SSDでは内部的にデータが4096バイト単位で配置されています。このためパーティションの配置のスタート地点が4096バイト境界からズレていると、データの読み出し・書き込みの効率が落ちて、SSD本来の性能が出ないことがあります。

これを調整するための機能です。

全てのパーティションを削除」のボタンを使うと、そのディスク上に構成されているパーティションを全部いっぺんに削除することが出来ます。

usage40_11

Windows標準のディスクの管理アプリでは、1つのディスクに複数のパーティションが作られている場合には、パーティションを1つずつ削除しなくてはなりません。Partition Masterならこの操作の取り扱いの手間が減らせます。

データ除去」ボタンではハードディスクのデータの完全消去用の機能が起動します。起動直後の状態で使えたデータ除去と同じ機能です。

usage40_12

サーフェステスト」はハードディスクのエラーのチェックを行なう機能です。

usage40_13

この機能はハードディスクの中身に変更を加えませんので、ボタンをクリックするとすぐに起動して動作を開始します。

プロパティを見る」ボタンでは、ハードディスクの情報の確認が出来ます。

usage40_14

パーティション選択状態で行えるパーティション結合方法

パーティションを選んだ状態だと機能一覧の内容が、パーティション操作用のものに変化します。

usage40_50

この中で一番上にリストされる「パーティションのサイズ調整/移動」の機能がEaseUS Partition Masterの目玉機能といっても良い、とても強力な機能です。

ボタンをクリックすると次のウィザードが起動します。

usage40_61

パーティションのサイズを変更するには、パーティションの大きさを表示するグラフ部分の境界線(上の図の矢印部分)をドラッグしてサイズを調整するか、パーティションサイズを直接数字で指定してやります。

usage40_62

また、同じことはメインのウィンドウの下に表示されているディスクの表示のグラフ部分からも行えます。

usage40_20

パーティションの境目の部分(矢印の先)をドラッグすることでサイズの調整が行えます。

usage40_21

どちらの方法でもパーティションの大きさを変えると、画面上にあるチェックマークのボタンがクリックできるようになります。

usage40_23

上でも記載したようにEaseUS Partition Masterでは、こちらのチェックマークアイコンのボタンをクリックして初めてその操作が適用されるようになっています。

パーティションのサイズ変更もそうですが、このソフトでは基本的にハードディスクに何らかの変更を加える操作は、まずは操作を登録してそのあと操作を適用するボタンをクリックする、その2段構えの操作になっています。

チェックマークのボタンをクリックすると次の確認のためのウィンドウが表示され、

usage40_24

「はい」ボタンをクリックすることでパーティションサイズの変更操作が実際に動作します。

usage40_25

処理終了後に確認すると、確かにドライブの容量が変わっていることが分かります。

usage40_26

そしてEaseUS Partition Masterが強力なのはこの部分で、パーティションの大きさを変更してもデータが消えることがありません

usage40_27

このため容量の異なるディスクへの引っ越しを行なう時の強力なツールになってくれます。

パーティションをコピー」のボタンをクリックすると「パーティションコピーウィザード」が起動します。こちらの機能ではパーティションを丸ごとコピーできます。

usage40_51

複数あるパーティションを結合することも出来ます。この機能は「パーティションをマージ」のボタンをクリックします。

usage40_52

ドライブに付けられているラベル(ボリュームラベル)の変更することも出来ます。

usage40_53

パーティションのエラーチェックをする機能もあります。

usage40_54

パーティションを非表示にする機能も備えています。

usage40_55

また、Windows標準のディスクの管理アプリと同等の機能で、パーティションを1つずつ削除する機能ももちろんあります。

usage40_56

パーティションとして確保した領域のフォーマットも出来ます。

usage40_57

パーティション内のデータの完全消去ツールもあります。

usage40_58

選択したパーティション内のファイルやフォルダを確認するための機能も組み込まれています。

usage40_59

パーティションの情報の表示も可能です。

usage40_60

Windows標準のツールと重なる機能もありますが、EaseUS Partition Masterのほうがはるかに高機能で、こちらだけでWindowsのディスク・パ-ティションの管理を完結することが出来るだけのソフトに仕上がっていることが分かると思います。

ディスククローン後の実際の使い方

具体的にシステムドライブ(Cドライブ)のクローンを、容量の異なるハードディスクに行なったあとの状況をEaseUS Partition Masterで見てみます。

カタログの表記上容量が250GBのSSDから320GBのHDDに、EaseUS ToDo Backupのシステムクローン機能でコピーを行なってみたものです。

すると青い枠で囲った部分のように、ディスクの後ろの方に「未割り当て」の領域が残っています。

usage40_20

容量の小さなディスクから大きなディスクにクローンを作ると、基本的に必ずこのような状態になります。

Partition Masterではこの空き領域を全部使うよう、この例だとB:になっているパーティションを拡大することが出来ます。

また、実際にB:のドライブでデータが入っている部分は濃い青の細いバーグラフ部分です。

割り当ててあるパーティションにかなりの空きがあることが分かりますので、B:のパーティションを小さくしたのち、空いた領域にもう一つパーティションを作ってHDD 1つの中に2つのドライブを作るなんてことも可能です。

同じ会社の手になるアプリですので、Partition MasterとToDo Backupの相性が非常に良いことは分かっていただけると思います。

組み合わせて利用することで、容量の異なるディスク間のデータやシステムの引っ越しが、新しいディスクの領域を無駄にすることなく簡単に行えるようになります。

その他の機能

現行バージョンのEaseUS Partition Masterでは、Windowsやアプリそれぞれのキャッシュなどの削除を行なってディスクの空き領域を増やす機能が追加されています。

ホーム画面上に並ぶほうきアイコンのボタンを使うとウィザードが起動します。

usage40_29

クリーンアップ/最適化ウィザード」の画面からそれぞれの機能を呼び出します。

usage40_30

ジャンクファイルクリーン」では以下のウィンドウ表示に切り替わって、キャッシュなどの削除を行なってくれます。

usage40_31

大容量ファイルクリーンアップ」ボタンをクリックすると「クリーンアップと最適化」のウィザードが起動して、ドライブの指定を行なった上でサイズの大きな不要ファイルをスキャン、領域の開放を行なってくれます

usage40_33

[ディスクの最適化」は、基本的にはWindows標準機能のデフラグと同等の機能です。

usage40_32

各種ウィザードや様々な機能は上に並ぶメニューから起動することも出来ます。

usage40_40

「高度」のメニューには「ブータブルディスクの作成」などの機能が並びますが、こちらは主に有償版向けのメニューです。

usage40_70

ブータブルディスクを作っておくと、Windowsのシステムドライブが壊れたときなどの復旧に便利に利用できますが、EaseUS Partition MasterのFree版からはこの機能は利用できません。

ただ、ToDo BackupのFree版では利用可能な機能ですので、両方を組み合わせて使うことでカバーし合える部分でもあります。

 

 

スクリーンショット-2017-02-01-5.15.34-1

keishiのプロフィール
早稲田大学社会科学部卒業/27歳
就職もせずにぷらぷらしていた25歳の時にWebを活用したビジネスの可能性に気づき、特にパソコンが得意だった訳ではないが0からサイト作りやアフィリエイトを学ぶ。
参入後1年で月収200万円2年目に月収1700万円を達成し自由な生活を送っている。現在は法人企業向けの経営指導やマーケティングコンサルにも力を入れている。
>>>詳しいプロフィールを漫画で読む<<<

 

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です