Windows10で左右、上下画面分割する設定方法は?ショートカットや解除、無効にする方法もご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

Windowsは複数のアプリを別々のウィンドウとして開いて活用できる「マルチウィンドウ」と呼ばれるタイプのOSです。

物理的な画面の大きさとも合わせ、マルチウィンドウ機能は作業の際の効率を大きく引き上げることができる鍵とも言える機能で、スマートフォンなどに対する大きな優位点になり得る部分です。

Windows 10には画面サイズをフル活用する意味で、画面をキレイに2分割、4分割する形でウィンドウを整列させる機能があります。特に4分割表示機能はWindows 10からの追加機能です。

このほかにもユニークなウィンドウの整理機能が備えられていて、これらをまとめて「Windows スナップ」と呼称しています。

またWindowsでは以前から「ウィンドウを上下に並べて表示」、「ウィンドウを左右に並べて表示」というウィンドウ整列のための機能も備えられています。

今回はこれら、ウィンドウの整列機能の使い方を説明します。

画面分割を上下二分割で行なう方法

画面の上下分割と言えるかどうかは若干微妙な部分もあるにはあるのですが、開いているウィンドウを1つの操作でキレイに整列させる機能があります。

タスクバーを右クリックして表示されるメニューから「ウィンドウを上下に並べて表示」を使うものです。

usage44_20

2つだけアプリを立ち上げた状態でこの機能を使うと、ウィンドウはこのように整列されます。

usage44_21

アプリが3つだとこのような形に。

usage44_22

4つだとこうなります。

usage44_23

どのように整列されるかは機能を使う前のウィンドウの配置などで自動的に決まるようで、4つのアプリ起動時に2つずつ2列に整列されるパターンもあり、ユーザーがコントロールすることはできないようです。

こちらの機能ですと、Windowsが元のウィンドウの大きさを記憶してくれていないようで、一度整列したあと普段使っているようなウィンドウの大きさに戻す際には、ユーザーがウィンドウのリサイズ操作を行なう必要があります。

普段アプリは自分に合ったウィンドウサイズ固定で使っているユーザーは、ちょっと気をつけた方が良い部分かもしれません。

スナップで画面分割を左右二分割にする方法

パソコンは基本的に横長の画面で使うケースが多いためか、Windowsには画面を上下に分割するようなタイプの機能は用意されていません

その代わり左右に二分割する機能が搭載されています。

この機能を利用するには、ウィンドウのタイトルバーをドラッグしてウィンドウを移動させていき、ポインターが左右どちらかの画面の端にかかるところまで持って行きます

usage44_18

ポインターの下に波紋が広がるような画面エフェクトが出たところで、マウスボタンを離すと、移動させたウィンドウが画面のちょうど半分のサイズに調整されます。

usage44_19

スナップで画面分割を行なうためのショートカット

Windows スナップでウィンドウを左右二分割の形で整列させる機能は、ショートカットキーからも実行できます。

実際にスナップ機能を使うにはこちらの方が手っ取り早いかもしれません。

画面の半分の大きさにサイズを変えたいアプリのウィンドウを選択した状態で

usage44_01

Windowsキーとカーソル移動キーの左右どちらかを同時押しします。

右矢印キーを使った場合(Windowsキー+→キー)にはこんな感じになります。

usage44_02

ショートカットキーを使った場合には、画面の残り半分に表示するウィンドウを選択する画面が出ます

こちらで例えばEdgeを選ぶと、EdgeとテキストエディタのTeraPadで画面を左右二分割する形で利用できるようになります。

usage44_03

スナップ機能を使って画面を四分割で利用する方法

Windows 10からはスナップ機能が強化されていて、画面を四分割する形での整理が可能になりました。

マウス操作では、ウィンドウを画面の四隅に移動させる操作ショートカットキー操作では、Windowsキー+左右どちらかのカーソル移動キーの同時押しのあと、Windowsキー+上下どちらかの同時押し操作の2段階の操作で、ウィンドウを画面の1/4ぴったりの大きさにすることが出来ます。

usage44_04

こちらは[Windowsキー+→キー] => [Windowsキー+↑キー]の順に操作しました。

これを3つのウィンドウに対して順番に四隅に配置するように3回行なっていくと、最後の1つの空いている場所に表示するウィンドウを選択する画面になります。

usage44_05
残りの枠に表示するウィンドウを選ぶと、このようにキッチリ画面を四分割する形でウィンドウを整理しきることができます。

usage44_06

スナップ機能でウィンドウの大きさを元に戻す、画面分割を解除するには

スナップ機能を使ってウィンドウサイズを調整したあと、それぞれのウィンドウを元の大きさに戻すには、マウス操作だとウィンドウを画面端から移動させるだけでOKです。

ショートカットキー操作ならば、画面端に整列させたのと逆の操作で元に戻ります。

画面の右半分の大きさに合わせたウィンドウは、Windowsキー+←キーの同時押しで元に戻ります。

四分割配置したウィンドウは少し元の大きさに戻す際の操作の順番が決まっていて、まずは上下方向のサイズを戻す操作が先になります。

画面右上の1/4サイズのウィンドウにした場合には、まず最初にWindowsキー+↓キーを同時押しして画面半分のサイズにしたあと、Windowsキー+←キーを同時押しすることで元のウィンドウサイズに戻ります。

スナップ機能・画面分割機能を無効化するには

スナップ機能は知らずに発動してしまうと厄介に思われる機能でもあります。こういった形の画面整理が必要ないという場合には、設定アプリから機能を無効化することもできます。

このためには設定アプリの「システム」を使います。

usage44_14

システムのページの左に並ぶ機能リストからは「マルチタスク」を選びます。

usage44_15

すると「スナップ」の機能をON/OFFするための設定が並んでいますので、

usage44_16

全てのスナップ機能を利用しない場合には、一番上のスイッチをオフにします。

usage44_17

使いたい機能のみを生かす形で、機能別の設定を行うことももちろん可能です。

Windows スナップのその他の機能

Windows スナップには他にもちょっと面白いウィンドウ整理のための機能が備わっています。

ウィンドウを移動させてポインターを画面上まで持って行くと

usage44_07

そのウィンドウが最大化されます。

usage44_08

ショートカットキーでは、Windowsキー+↑キーの同時押しです。

解除はWindowsキーと↓キーの同時押し。マウス操作ならばやはりウィンドウを画面上から外すように動かせばOKです。

ウィンドウが最大化されていない状態でWindowsキーと↓キーを同時押しすると、ウィンドウは最小化されます。

ウィンドウサイズを変えるためにウィンドウの端をつかんで画面上端まで持って行くと、

usage44_09

そのウィンドウが上下方向に最大化されます。

usage44_10

また、ある一つのウィンドウを捕まえて左右に振るようにマウスを動かすと、捕まえたウィンドウ以外が最小化されます。

usage44_11

もう一度同じ操作で、他のウィンドウの大きさは元に戻ります。

タスクバーの右端の小さな領域をクリックすると、

usage44_12

全ウィンドウが最小化されてデスクトップ画面の表示になります。もう一度同じところをクリックすると元に戻ります。

usage44_13

全ての操作を覚える必要はもちろんありません。使う上で便利な機能だけ選んでマスターすればOKです。

 

 

スクリーンショット-2017-02-01-5.15.34-1

keishiのプロフィール
早稲田大学社会科学部卒業/27歳
就職もせずにぷらぷらしていた25歳の時にWebを活用したビジネスの可能性に気づき、特にパソコンが得意だった訳ではないが0からサイト作りやアフィリエイトを学ぶ。
参入後1年で月収200万円2年目に月収1700万円を達成し自由な生活を送っている。現在は法人企業向けの経営指導やマーケティングコンサルにも力を入れている。
>>>詳しいプロフィールを漫画で読む<<<

 

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です