Windows 10でのアクションセンターの開き方は?非表示や通知無効にする設定方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

Windows 10では各種通知は基本的に「トースト」呼ばれるギミックを通して行なわれます。

usage45_10

多くの通知は従来の通知の仕組みとは異なってログが分かりやすい形で残り、「アクションセンター」からその履歴などを確認することが可能です。

また、「アクションセンター」は単に通知のログが見られる領域ではなく、各種設定などの操作も可能になっているギミックです。

今回は「アクションセンター」の使い方に関する色々な情報をまとめてみます。

アクションセンターの開き方や設定の場所について

マウス操作ではアクションセンターはタスクバー右端の吹き出しのような形をしたボタンを使って開きます。

usage45_01

上のスクリーンショットでは吹き出しに数字が付いていますが、これはアクションセンターに載っている通知の数を表しています。

また、ショートカットキーを使う場合には、Windowsキー+Aキーの同時押しでアクションセンターを開くことができます。

アクションセンターが開くとこのような表示です。画面右側からせり出してくるイメージですね。

usage45_02

通知の項目からそれぞれのより詳細な情報などにアクセスすることもできる通知もあります。

また、アクションセンター下側には、比較的使用頻度が高いと思われる設定などのボタンが準備されています。

通常は上のスクリーンショットのように機能ボタンが折りたたまれた状態になっていて、ボタンは1列のみ表示されます。

全ての設定用ボタンを表示するためには「展開」のボタンをクリックします。

するとこのような表示になります。

usage45_03

元の状態に戻すには「折りたたむ」ボタンをクリックします。

アクションセンターに表示する内容などの設定は設定アプリから行います。

システム」のページを使います。

usage45_04

システムのページの左に並ぶ機能リストから「通知とアクション」を選択します。

usage45_05

こちらのページにアクションセンターや通知関連の設定項目がまとめられています。

usage45_06

アクションセンターに表示される設定用ボタンは「クイック アクション」と言われるもので、ボタンの並びは自由にカスタマイズできます。

この画面でボタンを長クリックしたあとにドラッグアンドドロップすることで、ボタン配置を移動できます。スタートメニューのタイルの配置を換える操作と同じイメージですね。

また、表示するクイック アクションの種類は、「クイック アクションの追加または削除」から設定可能です。

usage45_07

必要な機能のみに絞ることで、アクションセンターのクイック アクションがより操作しやすくなるでしょう。

アクションセンターの通知を無効にしたり非表示にする設定方法

通知を止める設定も可能です。

このための設定は、設定アプリの通知とアクションのページの右側を下にスクロールしたところの「通知」以下のスイッチを使って行ないます。

usage45_08

一番上の「アプリやその他の送信者からの通知を取得する」を切ると、通知が全てOFFになるはずです。

それより下のスイッチのON/OFFで、より詳細な設定ができます。

さらに画面を下にスクロールすると、「これらの送信者からの通知を取得する」という項目が出てきます。

usage45_09

こちらではアプリやツールなど、1つ1つのソフトごとの通知を受け取るかどうかの設定が出来るようになっています。

アクションセンターにリストアップされている通知の一覧に関しては、アクションセンター右上にある「すべてクリア」ボタンで消去することが可能です。

usage45_11

スポンサーリンク

 

 

スクリーンショット-2017-02-01-5.15.34-1

keishiのプロフィール
早稲田大学社会科学部卒業/27歳
就職もせずにぷらぷらしていた25歳の時にWebを活用したビジネスの可能性に気づき、特にパソコンが得意だった訳ではないが0からサイト作りやアフィリエイトを学ぶ。
参入後1年で月収200万円2年目に月収1700万円を達成し自由な生活を送っている。現在は法人企業向けの経営指導やマーケティングコンサルにも力を入れている。
>>>詳しいプロフィールを漫画で読む<<<

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です