windows10のゲームモードやゲーム録画の設定や無効にする方法をご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

windows10の大型updateが来てから設定に「ゲーム」という項目が増えたのでそちらに関しての設定などをご紹介していきます。

最近ではゲームを実況配信するなんて人も珍しくないというところで、

windows10でも簡単に配信やゲームの録画機能を追加したようです。

ですが、必要ない人にとっては邪魔なだけですので無効にする方法も合わせて

説明していきます。

まず初めに、ゲームの設定項目の場所ですが、

「スタート」→「設定」画面から「ゲーム」という項目があるので

そちらを選択しましょう。

game1

ゲームバーの設定について

game3

こちらのゲームバーではゲーム中に使用できるキーボードショートカットの設定変更や

ゲームコントローラーを使っているときにゲームバーを開く設定などがあります。

・ゲームバーを開く

こちらはスクリーンショットや録画などのメニューを表示する

ショートカットになります。初期設定では、「windowsキー+G」です。

game4

こちらのゲームバーからすべての設定変更などが行えますが、毎回開くのも面倒という場合は

すべてショートカットキーが設定されているのでそちらから実行することができます。

・スクリーンショットをとる

ゲーム中の画面をキャプチャ保存することができます。

初期設定では「windowsキー+Altキー+printscreenキー」です。

またこちらのスクリーンショットの保存先はデフォルト設定だと

「C:\Users\ログインユーザー名\videos\captures 」に保存されます。

保存したキャプチャー画像を確認するには、

左メニューから「ゲームDVR」→「フォルダーを開く」をクリックすると保存先の

フォルダが開くのでそちらから確認できます。

game5

・記録する

こちらは先ほど説明したスクリーンショットの静止画とは違い

動画を保存・記録するものになります。こちらの初期設定では

「windowsキー+Altキー+G」で開始されます。

ただ、稀にですがゲーとして認識されていない時がありこのように表示がされる時があるので

「はい、これをゲームとして記録します。」のチェックボックスにチェックを入れましょう。

これでゲームとして認識されるようになります。

game7

また、この「記録する」という機能は、ショートカットキーを入力してから開始されるというものではなくて、こちらのショーカットキーを入力すると、入力した時間からさかのぼったものを記録するものになります。

例えば、18時30分50秒にこのショートカットキーを入力したらその時間から〇〇秒さかのぼった時間この〇〇秒というのは時間の設定変更ができます。

初期設定では30秒となっているので、18時30分20秒からのショーカットキーを押した時刻

18時30分50秒までの30秒間を記録・保存するということになります。

また、この〇〇秒というどれだけ記録するかの時間の設定変更については、

「ゲームDVR」メニューの設定から「最後を記録する」という項目があるので

そちらの時間を選択します。一番短い時間で15秒、一番長くて10分まで設定

可能です。

game8

・記録の開始/停止

こちらは先ほど説明した「記録する」とは違い、

ショートカットキー(windowsキー+Altキー+R)を入力したら

記録・録画が開始され、再度キーの入力をすることで停止というものです。

基本的な動画の記録はコチラを使うことが多いと思います。

実際に「記録の開始」を行うと、下記のように

録画の秒数などを表示したバーが表示されます。

game9

終了する際には、同じショートカットキー(windowsキー+Altキー+R)を

入力します。

また、こちらの録画した動画は、「スクリーンショットをとる」でご説明した

保存先と同じところ保存されるのでそちらから録画した動画の確認をすることができます。

記録タイマーを表示

こちらは記録している最中に表示されるバーを表示・非表示するものです。

初期のショートカットキーは(windowsキー+Alt+T)です。

game9

記録中はこのバーが常に表示されるのでそちらが邪魔な場合はこのショートカットキーを

入力することで非表示にできます。

再度表示させたい場合は同じショートカットキーを入力します。

ちなみにこちらのバーを非表示にしていても記録は続いたままです。

マイクをオン/オフ

こちらも記録中に行う設定になりますが接続されているマイクからの録音を有効にするか無効にするかをショートカットキーでできるようになっています。

初期設定では「windowsキー+Altキー+M」です

記録を始めた際の初期設定では、マイクのアイコンに×がはいっていて無効になっていますが、こちらのショートカットキーを入力することで有効になっているのがわかります。

game9 game10

ゲームモード

そして次に、このゲームモードについてですが、

game11

こちらのゲームモードというのはwindows10でゲームを行う際に

パソコンの設定を最適化し、ゲームが快適に動作するようにしてくれるものになります。

細かくどこがどのように最適化されるというのは設定などができませんが、

おそらく、CPUのプロセスの優先度であったりメモリの使用、ビデオカードの処理も

このゲームに集中して処理させることでゲームを快適にさせようという機能なのかなと思います。

このゲームモード(ゲームバー)などの機能を無効にする設定方法

必要ない人にとっては毎回下記の画像のように表示されてしまうとうっとおしいかと思うので

この設定を無効にして非表示にする方法をご説明します。

game2

1.「スタート」→「設定」からゲームを選択します。

game1

2.次に「ゲームバー」の設定から2つの設定を無効にします。

・「ゲームバーを使ってゲーム、クリップ、スクリーンショットを記録し、

ブロードキャストする」

・Microsoftが検証した全画面表示ゲームをプレイするときにゲームバーを表示

game12

これでゲームを起動してもゲームバーの表示がされなくなります。

スポンサーリンク

 

 

スクリーンショット-2017-02-01-5.15.34-1

keishiのプロフィール
早稲田大学社会科学部卒業/27歳
就職もせずにぷらぷらしていた25歳の時にWebを活用したビジネスの可能性に気づき、特にパソコンが得意だった訳ではないが0からサイト作りやアフィリエイトを学ぶ。
参入後1年で月収200万円2年目に月収1700万円を達成し自由な生活を送っている。現在は法人企業向けの経営指導やマーケティングコンサルにも力を入れている。
>>>詳しいプロフィールを漫画で読む<<<

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です